ハンブルクからハイデルベルクへ・週末小旅行①

2018年6月某日

所用で急遽、ハンブルクからフランクフルトに行く事になりました。

そこで、せっかくなので以前10年間住んでいた、第二の故郷ハイデルベルクまで足を延ばしてきました。

フランクフルトからハイデルベルクまでは、ドイチェバーンのICで1時間くらいです。

今回は、ハイデルベルクの町をご案内したいと思います。

ハンブルクからハイデルベルクまでICEで19.90ユーロ

まずハンブルクからハイデルベルクとフランクフルト行きのチケットを買うためにドイツバーン(DB)に。

fujiko

fujiko

sparangebot(割引プラン)を使うと、本当にお得!

 

出発の一週間前くらいまでにチケットで割引プランを使えば、ドイツ中、大抵19.90ユーロ、高くても29.90ユーロでどこでも行かれます。

正規の価格だったら100ユーロ以上するところも、このプランだと19.90ユーロですよ!

というわけで、今回は、ハンブルクからハイデルベルクまで19.90ユーロ、フランクフルトからハンブルク間も19.90ユーロのドイツバーンのチケットを購入。

fujiko

fujiko

一番高かったのは、なんと、近距離で割引制度がない、ハイデルベルク―フランクフルト間!

うーん、DBで4時間、5時間かかる、ハンブルクからフランクフルトやハイデルベルクは19.90ユーロで行かれて、DBで1時間弱のハイデルベルクからフランクフルトまで20ユーロ以上かかる、この不思議。。。

久しぶりのハイデルベルクへ

それにしても、ハイデルベルクから離れてもう何年だろう、、、

8年近く経つだろうか。

ハンブルクに引っ越したばかりのころは、よく行ったものだけど、ここ数年はもう行っていない。

10年間住んでいても、いったん引っ越してしまえばなんとなく足が遠のいてしまう。。。

fujiko

fujiko

せっかくだから、この機会に楽しもーっと(^^)!

 

土曜日の朝早く、ハンブルクからハイデルベルクへ

朝早く、ハンブルクからハイデルベルクに向けて出発。

久々のハイデルベルク行き、楽しみ(^^)。

列車から日の出が見えるくらい、本当の早朝。

座った席の目の前に不思議な空間があると思ったら、車いす専用の場所でした。

 

流石、車いす社会~、ちゃんと車いす用の場所も設置されているなんて、、、とちょっと関心したけど、これだけドイツバーンに乗っててどうして今まで気が付かなかったんだろう???

 

 

それぞれの電車の中にある時刻表。各電車の到着時間、乗り換えの情報が載っているし、いつも重宝しています。

今回乗り換えのフルダ(Fulda)駅の到着は、9:23分。

 

DBの冊子には、サッカーのワールドカップ特集が。

決勝戦までのスケジュールが、すべてドイツ優勝前提です、、、

まさか結果があんなことになるとは、この時点では誰も予想していなかったでしょう・・・(-_-;)。。。

 

日が昇ってきました(^^)。今日はハンブルクも晴れるかな。

 

 

乗り換え駅、フルダ到着。

フルダ出発。

次の乗り換え駅マンハイムに着くのは11:27。

ドイツらしい小都市の街並みが見える。

ドイツで盛んな、風力発電用のアンテナが数本立っている。

湖も。

ハーナウを通り過ぎ・・・

 

フランクフルトの街並みを通り過ぎ・・・

そもそも今回の目的は、このフランクフルトに来ることだったんだけど、今はとりあえず素通り(^_-)-☆☆☆

ここまでくれば、マンハイムはもうすぐ。

それらしい町並みが見えてきたよ。。。

無事にマンハイム到着(^^)。

ここからハイデルベルクまでは、本当にもう少し。

と、思ったら、ハイデルベルク経由、インスブルック行きIC119、15分遅れ?

fujiko

fujiko

えー、お昼の約束してたのに、遅れちゃう!( ̄▽ ̄;)

 

急いで、待ち合わせしているお友達にご連絡。。。

幸いそれ以上の遅延はなく、なんとか15分遅れで出発。

住んでいた当時は何でもないと思っていた景色も、久々のハイデルベルクと思うと、懐かしい(^.^)。

乗っちゃえば、あっという間。

 

ハイデルベルクに無事到着(^^)!

懐かしいけど、約束に遅れているので、ちょっと焦り気味(*_*;・・・

ハイデルベルク駅もそんなに変わってないみたい。。。

あー、もう12時半近くになっている(;^_^・・・

そして、バスか市電に乗りたいのに、こんな時に限って、二つある乗車券売機が両方とも、故障中(@_@。。。

バスも市電も次々やってくるけど、どうしよう・・・

かと言ってチケット買える方法は他にないし、、、

fujiko

fujiko

バスだったら、確か運転手さんからチケット買えたような気がする・・・

しかし、次に来たのは、市電。

fujiko

fujiko

あー、市電は運転手さんからチケット買えなかったような気がする(-_-;)。。。

でも、チケットを買うために、市電スルーして、わざわざバスを待つのもばかばかしい。

ただでさえ、約束に遅刻してるのに。

 

念のために、同じ市電に乗り込もうとしていたドイツ人に事情を話すと、


販売機壊れてたんだったら、そのまま乗ればいいよ。

と、あっさり。

とりあえず市電に乗った後、運転手さんに事情を説明すると、運転手さん、


市電内では、チケット販売してないよ、どこまで行くの?

あー、いいよ、そこまでそのまま乗っていきなよ。

という返事。

そう、ドイツでは、自分に落ち度がない限り、そのことを第三者に知らせておけば、たとえそこに無賃乗車チェックの係員が来ても、罰金を取られることはないのです。

fujiko

fujiko

よしよし、これで、チケット持ってなくても、無賃乗車で罰金払う心配はなくなった(^^)。

 

(実は、過去に一度だけ経験があります。

バスの運転手さんからチケット買おうと思ったら、機械の故障でチケット発行されず、バス代払わないで席へ。

そしたら、そこに無賃乗車検査員がやってきました。

私は運転手さんにチケット購入意思を見せたので問題なし。

もし、運転手さんに何も言わずに席に座ってたら、確実に罰金でしたね。

目的地の、旧市街の始まり、ビスマルクプラッツに到着!

 

fujiko

fujiko

やったー、懐かしのハイデルベルク!

しかし、約束に遅れているので、とりあえずお昼の場所へ。

 

friend

friend

久しぶりー、元気?

お友達、何も変わりなし!

お菓子作りが趣味な友達に、ロールケーキリクエストしていたので、プレゼントしてもらいました。

デコレーション、かわいいでしょ(^^♪

おまけに、パイナップルパンと、さくらんぼパンも頂きました(^^♪

fujiko-happy

fujiko-happy

わーい、ありがとう(≧▽≦)!

お菓子作りが趣味で、毎日何かしら作っているのに、自分ではあまり食べないとかで、試食隊の協力が欠かせないそう・・・

fujiko

fujiko

うー、私がここに住んでいたら、間違いなく試食隊に加わるのに~(>_<)。。。

さくりと、ハイデルベルク思い出の場所散策

ひとしきりしゃべった後、お友達とはお別れ~。時の流れを全然感じさせなくて、とっても楽しかったです。

次の約束まで、まだ時間があるので、それまでハイデルベルク思い出の場所を散策。

荷物になるスーツケースは、お昼を食べたお店に預かってもらったので身軽(^.^)。

実は、このお店のオーナーは昔私がハイデルベルクに住んでいた学生時代、一時期バイトをしていたお店。

お店を移転したというので、久しぶりに遊びに来たのです(^^♪。

fujiko

fujiko

やっぱり、日本食食べると、幸せな気分になるよ~(^^)。

 

まずは、ハイデルベルクの象徴でもある、ハイデルベルク城方面へ向かいます。

途中でハイデルベルク市庁舎のある、ハイデルベルクマルクトプラッツを通ります。

この広場では、冬はクリスマスマーケットが開かれます。

夏はオープンスペースでみんなビール飲んだりしています。

私もかつては何度もお世話になりました(^^)。

そこから少し進んだ、コルンマルクトから、ハイデルベルク城が見えます。

久しぶりでも、変わらぬ佇まい(^^)。

fujiko

fujiko

あれ?

この教会なんだか、ピカピカしてる。

リニューアルされた?

 

この教会はJesuitenkirche。

 

やっぱりリニューアルされたみたいです。

どこもかしこもピカピカ☆☆☆ パイプオルガンもきれい。

祭壇は近くに行くとこんな感じ。色がきれい。

 

 

そこから、大学広場(Uni-Platz)へ。

んー、懐かしい。ここら辺、毎日のように歩いてたなあ・・・

 

大学広場に沿って、ハイデルベルク大学の大学図書館がある。

ハイデルベルクは大学街、町中の至る所に大学関連の建物がある。

卒業前は、この図書館でよく勉強したよ。。。

 

大学広場の角を曲がって、こちらは大学図書館の入り口側

そのままこの通りをまっすぐ10分くらい歩くと、私が勉強した学科の建物が。

 

こちらは主専攻と、第一副専攻の建物。

道路を挟んだ反対側は、第二副専攻の勉強をした建物。

どちらにも、ハイデルベルク大学の象徴の刻印がついている。

ハイデルベルク大学は1386年設立の、現在のドイツで最古の大学。

2018年で632歳だ~

fujiko

fujiko

若くもないのに、ドイツ語ゼロから始めて、よく修士課程まで、無事に卒業できたもんだ(シミジミ)

努力ってしてみるもんだねえ(@^^)/~~~。

たまに、自分の力だけではどうしようもない奇跡が起きたりする(^^)。

 

 

アンペルマン中心のベルリンから遠く離れているのに、不思議なことに、ハイデルベルクにはもともと東ドイツ発祥のアンペルマンの信号がなぜかたくさんある(参照はこちら。)

fujiko

fujiko

ベルリン以外の都市ではあまり見かけないのに、なんでハイデルベルクにアンペルマンがたくさんあるのかなあ。。。

まあ、かわいいからいいけど(^^)。

 

そして、ハイデルベルクの旧市街を一周して、最初に中央駅からバスを降りた、ビスマルクプラッツに戻ってきました。

デパートも、ワールドカップの広告出して、全面応援しています。

 


ハイデルベルクの本日の宿泊場所へ

さて、そろそろ約束の時間なので、預けていたスーツケースを取りに行って、ハイデルベルクで泊めてもらうお友達の家に出向きます。

friend

friend

こんにちは~(^^)。

会うのは久しぶりだけど、よく連絡を取ってる友達なので、久しぶりも何もなしで、いきなり通常モードw。

friend

friend

学生時代とは違って、ちょっと大人になったから、久しぶりなので、ちょっとちゃんとしたお食事処に行ってみましょう!

というわけで、ファーストフード系ではなく、レストラン系のちゃんとしたお店へ。

 

ハイデルベルクでよく見るビールで乾杯!

そして前菜(美味しかった~。当たり(≧▽≦))。

 

 

メインディッシュの肉(ひとかけらもうつまんじゃった後の写真かな)。

そしてワイン(この地方は白ワインの地域なんだけど、つい肉に合う赤ワインをチョイス)。

ここでもまた、ひとしきりおしゃべりをwww

お店の様子はこんな感じ。なかなか居心地いいです。

お会計をして、外に出たら・・・

friend

friend

あれー!?

なんでここに?

なんと、同じレストランの外の席で、昔ベビーシッターをしていた子がおばあさんとお食事をしていました。

更に、日本人補習校の先生と生徒でもあったし。

そもそも基本的に、ハイデルベルクに住んでいる日本人は、ほとんど全員”お知り合い”といっても過言ではありません(^.^)。

fujiko

fujiko

シュツッツガルトにいるんじゃなかったの?


週末だけ実家に戻ってきてたんだよ。

もうすっかり大きくなったけど、顔は子供のころと全然変わらない。

元気そうでよかった。

 

それにしても流石、ハイデルベルク。

旧市街を端から端まで歩けば、必ず知り合いにあたる、というのは今でも変わってなかったw

結局なんだかんだで、3人でアイス食べながら、またまた旧市街の入り口のビスマルクプラッツまで歩くことに。

 

ハイデルベルクの町にできた、新しい住宅区画

ビスマルクプラッツからは、バスで中央駅まで。

そして、そこから歩いて建設中のマンション現場へ。

ハイデルベルクは、ここ数年で都市開発が進み、昔は何もなかった中央駅の裏側に、新しい住宅街ができるのです。

お友達がここにマンションを購入したので、まだできていないけど見学に行ったのです。

 

まだ建設真っ最中。

周りはクリニックとか、住宅とか、レストランとかできていて、結構町らしくなっていました。

住宅地の建設に合わせて、新しい市電の駅ができたばっかり。

帰りはこの新しい駅から戻ってきました。

friend

friend

今年中にはできる予定なので、できたらぜひ遊びに来てね!

 

家に戻って、またひとしきりおしゃべりをしながら、家の見取り図も拝見(@^^)/~~~。

fujiko

fujiko

ご招待頂いたから、できたらまたぜひ遊びにこよーっと(^^)。

 

こんな感じでハイデルベルクの一日目終了。

二日目に続く。。。

2018年6月某日 ハンブルクから第二の故郷ハイデルベルクへ週末の小旅行。 本日は二日目です(一日目の様子はこちら)。 htt...

 

fujiko

fujiko

ハイデルベルクやドイツの事で知りたいことがあったら、コメント欄にリクエストお寄せ下さいね。

実用ドイツ語教材

当ブログで一番人気の「ドイツ語会話で必要な文法はこれだけでいい!」を改良し、わかりやすくまとめました。

テキスト部分と学習ノートの2部にわけ、例文も盛りだくさんです。

最短で効率よく実用ドイツ語をマスターするために、ぜひお役立てください。

 

ドイツ語会話に最低限必要な4つの文法教えます ドイツ在住・留学、実用ドイツ語会話を今すぐ身に着けたい方へ

オプションで、テキストに関する質問、その他ドイツ生活に関する質問も受け付けています。

 

 

こちらのバージョンではテキストと一緒に一か月無料で質問を受け付けます。

最短最速で実用ドイツ語会話を学ぶために必要な文法はこれだけ

 

 

その他教材全一覧はこちらへ。

 

その他、ドイツ語やドイツ生活に関するご希望テキストがあればリクエストを受け付けます。

お気軽にメッセージをお寄せ下さい。

メッセージはこちらへ

ハイデルベルク大学修士卒業・ハンブルクの企業で代表を務め、社内ベンチャーで異業種起業をして繁盛店にする。

記事執筆・翻訳通訳・ドイツ語個人レッスン経験あり。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

マドリードオープン観戦記④

マドリードオープンテニス 観戦記⑦

マドリードオープン観戦記⑤

ハンブルクからICEで行く、ひと味違うベルリン小旅行②

ドイツからパリへの二泊三日小旅行①―出発

ドイツのベルリンへ再訪②―何度行っても奥が深い

ヨーロッパ圏WiFiルーター,