ドイツ国内引っ越し実録家探し編⑤【ハンブルクからデュッセルドルフへ】

2019年1月に現在住んでいるハンブルクから、デュッセルドルフへ引っ越しをすることになりました。

今回はドイツ国内引っ越し実録家探し編第5弾です。

前回は、家探しにデュッセルドルフにやってきて、物件を2つ見学したところまでです。

 

2019年1月に現在住んでいるハンブルクから、デュッセルドルフへ引っ越しをすることになりました。 今回はドイツ国内引っ越し実録家探し編第4弾で...

 

今日がデュッセルドルフ滞在最終日予定。

果たして家は無事に見つかるのでしょうか。

 

【火曜日】デュッセルドルフ滞在最終日(予定)

本日がデュッセルドルフ最終日予定です。

でも、物件を見つけるのが目的なので、滞在を延長しようかどうしようか迷っています。

 

どちらにしても、このホテルは今日までしか予約していないので、11時にはチェックアウトしなくてはいけません。

 

今日は16時15分に三つ目の物件見学の予定が入っています。

 

とりあえずチェックアウトの時間まで、メールとネットで物件チェックです。

 

fujiko

fujiko
あ、見学希望してた他の物件から見学のお知らせが来た。
不動産屋さん

不動産屋さん
本物件に興味を持っていただいてありがとうございます。

明後日の木曜日のxx時から二つの物件を見学することができます。

見学ご希望であればご返答いただけると助かります。

fujiko

fujiko
木曜日か・・・

どうしようかな。

もし今日中に物件決まったら、もう物件見る必要ないしなあ。

でも今日の結果待ってからだと返事が遅くなっちゃうしなあ。。。

 

とりあえず保留にして、ホテルのチェックアウトの用意をしながら検討します・・・

 

fujiko

fujiko
このメールオファーは私だけではなくて、物件に興味のある人全員に送ってんだろうな。

とりあえず見学OKの返事だけ出しておこうかな。

もし今日物件が決まったら、後で断りのメールを入れればいいや。

 

ということで、とりあえず木曜日見学の予定を確保しておきます。

 

チェックアウトして落ち着ける場所へ移動

11時にホテルをチェックアウトして、大きい荷物だけ預けて外に出ます。

fujiko

fujiko
昨日の物件にキッチンつけてくれるか、不動産屋さんが12時頃電話くれることになってるなあ。。。

 

12時頃電話が来た時にあまり騒がしいところにはいたくないので、とりあえず中央駅の方に向かって歩きながら、落ち着けそうな場所を探します。

 

適当に歩いていてもあまりピンと来るところが見つかりません。

 

とりあえず中央駅に来たので、お昼時ですしお昼がてら不動産屋さんからの電話を待つことにします。

でもほとんどがパン屋さんや喫茶店で、あまりゆっくりできそうなところはありません。

fujiko

fujiko
あ、あそこならゆっくりできそう。

ここにしよーっと。

 

中央駅の一番最後に一つだけちょっとゆっくりできそうな簡易レストランがあったので、そこで昼食にします。

 

簡単なファーストフードにはトイレがないところも多いのですが、ここならトイレもありそうです。

 

南ドイツとフランスの国境付近であるアルザス地方の名物のフラムクーヘンを食べます。

 

滞在中あまり野菜を取っていないので、気持ちばかりでも野菜を取ろうと、トッピングは野菜。

 

fujiko

fujiko
ここでゆっくりしながら、不動産屋さんの連絡を待つことにしよう。

 

お店に入った時はもう12時近く。

 

ゆっくり注文して食べて、13時を過ぎても不動産屋さんからは連絡が来ません。

 

fujiko

fujiko
んー、どうしたのかな。

大家さんと連絡が取れないのかな、それとも大家さんがキッチンつけないって言ったのかな。

 

電話すると約束はしても、何の進展もなかったら不動産屋さんが私に連絡してこないのは大いにあること。

 

fujiko

fujiko
何度も連絡するのも面倒だし、ぎりぎりまで待って、後でこっちから連絡してみよーっと。

 

とりあえず、食事は終わったのでこのレストランは出ることにします。

 

fujiko

fujiko
どうせ近くだから、これから働くオフィスのところまで行ってみよーっと。

 

というわけで、これから働く職場の住所まで行ったり、その辺を散歩したりして時間をつぶします。

 

fujiko

fujiko
ちょっと早めだけど、ホテルに預けている荷物を取りに行って、物件の見学場所までゆっくり歩いて行こ~っと。

 

というわけで、ホテルに戻って預けていた荷物を引き取ります。

 

今日の物件見学はホテルからはちょっと遠いのです。

グーグルマップによると、歩いて40分くらいかかるみたい。

4kmくらいあるのかなあ。。。

 

fujiko

fujiko
荷物あるから、もうちょっとかかるかな。

まあ、時間はあるしのんびり余裕を持って行こう。

 

荷物を二つ持って雨だったら傘させないし困りますが、晴れているので歩くのは問題ありません。

 

またまた中央駅を通り過ぎて、見学物件方面へ向かいます。

 

今日の物件はフリンゲルンノルトという場所にあるのです。

ちなみに昨日見た物件はペンぺルフォールトという場所です。

 

fujiko

fujiko
お、この通りなかなか素敵。

この物件に決まったら、この辺散策し甲斐がありそ~!

 

しかし、どんなにゆっくり歩いても限度があります。

 

約束の16時15分より1時間以上前の15時くらいには現地についてしまいました。

 

時間がたっぷりあるので、ここから昨日の不動産屋さんに電話を入れます。

fujiko

fujiko
こんにちは。

昨日の物件の事なんですが、キッチンの件はどうなりましたか。

大家さんと連絡ついたでしょうか。

不動産屋さん

不動産屋さん
あー、その件ね。

大家さんとは連絡がついたんだけど、やっぱりキッチンはつけないって言ってたの。

fujiko

fujiko
(あー、やっぱりな)

そうですか。残念だけど仕方ないですね。

私、これから1時間後に別の物件を見る予定なんです。

この物件見た後、あなたの物件に決めたいと思った時また連絡してもいいですか。

不動産屋さん

不動産屋さん
1時間後ね、わかりました。

連絡待っています。

 

結果は残念ですが、少なくともキッチンはつけてくれないということはわかったので、今の物件との比較がしやすくなりました。

 

 

この地域は会社からは少し遠くなるけど、落ち着いていいところです。

これから見学する物件の気になる点は、屋根裏部屋だということ。

屋根裏部屋とひとくちにいっても、実際は一番上の部屋というだけで、普通の部屋とほとんど変わらない場合もあります。

しかし屋根裏部屋というだけあって、物件によっては住居に適してない場所を無理やり貸している場合もあるのです。

fujiko

fujiko
写真ではすごくきれいで、家賃も場所のわりには安かったけど、実際見てみないとわからないもんね。

 

物件の時間までまだ時間があったので、近くのスーパーの中にあったカフェで待つことにします。

fujiko

fujiko
あ、ここ1時間無料のwifiがある。

ラッキー。

そうだ、キッチンについて調べてみよう。

 

ラッキーにも無料wifi付きだったので、自分でキッチンをつけるとしたらどこでやってもらえるのか、価格はどれくらいなのかリサーチ。

IKEAとかは割とリーズナブルなキッチンがありました。

設置もしてくれるならここでもいいのかなー。。。

 

夢中になって色々調べていたらあっという間に時間が来てしまいました。

fujiko

fujiko
あ、もう見学の時間だ、行かなくちゃ。

 

最後までは調べられませんでしたが、なんとなくそこそこの価格でキッチンをつけられる感触がしてきました。

 

物件見学その3

不動産屋さんと待ち合わせて、いよいよ物件見学です。

 

不動産屋さん

不動産屋さん
ここは、これから始めて部屋として貸出するところなの。

だから今まで誰も住んでいないし、全部新品だからきれいでしょ。

 

確かにすべてが未使用で、全部がピカピカしています。

バスタブはないけど、シャワールームもこの通りピカピカで気持ちがいいです。

 

fujiko

fujiko
そうですね、全部きれいで気持ちいいですね。

(本当はバスタブの方がいいけど、これだけきれいだしまあシャワーでもいいかな)

 

次はベットルーム。

fujiko

fujiko
あー、、、

屋根裏部屋だけあって、屋根の角度が急だなあ。。。

ベットくらい置けるかとおもったけど、これじゃあここは完全にデッドスペースになっちゃうな。

 

いくらきれいでも、この急角度の屋根では使い勝手がよくありません。

しかも片方だけでなく、部屋の反対側も同じくらいのデッドスペースがあるのです。

 

fujiko

fujiko
んー、これはやっぱり住居には適してないかも。

学生とかだったらそれでもいいかもしれないけど、学生にしては家賃高いしなあ。。。

結構この屋根はマイナスです。

 

居間になる部屋は可もなく不可もなく。

 

次はいよいよキッチンです。

fujiko

fujiko
あ、キッチンがないんですね。

これは自分でつけないとダメなんですか?

不動産屋さん

不動産屋さん
そうよ、キッチンは自分でつけるのが普通でしょ。

一番簡単なI字型のキッチンをつければ、安くつけることができるから問題ないですよ。

fujiko

fujiko
あー、この不動産屋さんも、キッチンなしが普通だって言ってる。

ということは、本当にこの地域ではキッチンなしがスタンダードなのかもしれないなあ。

それなら昨日見た物件に決めようかな。

 

昨日の時点では、キッチンなしが普通だなんてあまり信じてなかったのです。

でも二人の不動産屋さんが悪びれずにこういうのであれば、この地方では本当にこれがスタンダードなんだろうと納得。

 

どちらもキッチンがないのであれば、昨日の物件の方がずっといいです。

場所も会社から歩いて行かれて治安もよし。

バスタブとバルコニーがついて、二部屋とキッチンと収納スペースもあってリノベーション済み。

家賃も比較的安くて理想的です。

 

三つ目の物件を見たことで、二つ目の物件の良さがわかりました。

fujiko

fujiko
よし、昨日の物件に決めよう!

 

この物件の不動産屋さんには、興味があったらまた後で連絡することにして、お礼を言って別れます。

 

昨日見学した物件2にしようと決める

不動産屋さんと別れたあと、速攻で昨日の不動産屋さんに電話をします。

いくら、こちらが住みたいと言っても少しの差でライバルに取られてしまうこともあるので、決めたら即意思表示をしないといけません。

fujiko

fujiko
こんばんは。

今別の物件を見終わったところなんですが、結局その家もキッチンがなかったんです。

それだったら、あなたの所の物件の方がずっと良かったので、昨日見た物件に決めます。

まだ他の人に決まってないですよね。

不動産屋さん

不動産屋さん
そう、それは良かった。

それじゃ、これから急いで大家さんに確認してみますね。

あなたはいつまでデュッセルドルフにいるの?

もしもう帰っちゃうのなら、ハンブルクまで郵送でやりとりもできるけど。。。

fujiko

fujiko
一応今日これからハンブルクに帰る予定なんですが、電車のチケットはまだとってないのでまだ変更可能です。

もし今日大家さんと連絡がとれて、明日賃貸契約書ができるというのであれば、一泊デュッセルドルフの滞在を伸ばしても構いません。

 

ドイツでは契約書にサインをするまでは何が起こってもおかしくないのです。

口約束はなんの効力もありません。

いつ来るのかハラハラしながらハンブルクで郵便を数日待つより、ここにいる間に全部済ませるのが一番なのです。

 

不動産屋さん

不動産屋さん
あら、そうなんですか。

それじゃ、まずは大家さんに連絡をしてみます。

また10分後に連絡するから待っていて下さい。

 

この待ちの10分間は長かったです。

最初はそのまま待っていたのですが、思ったより時間がかかるようですし、ここにいても寒い。

どうせ移動しないといけないし、とりあえず中央駅の方に歩いて行こうかなーと思って立ち上がった瞬間、電話がかかってきました。

 

不動産屋さん

不動産屋さん
もしもし?

大家さんと連絡がとれてOKが出ましたよ。

私も急いで賃貸契約書を作成するから、15分後にここに来てもらって今日契約書にサインしちゃいましょう。

fujiko-happy

fujiko-happy
えー!?

今日全部できるんですか?

嬉しいけど、今ちょっと今違う場所にいるので、そこまで15分じゃ行かれません・・・

えーと、30分後でいいですか?

私が昨日建物の前まで行った、事務所の方に行けばいいんですよね?

不動産屋さん

不動産屋さん
そう、物件じゃなくて、事務所の方です。

じゃあ、30分後に待ってます。

 

まさか、今日中に契約書まで作成してくれるなんて思ってませんでした。

今日全部済ませてハンブルクに帰れるなんて、ラッキーすぎて何も言えません。

昨日事務所の前まで行っていたのも幸いで、場所もわかっています。

 

30分でつけるように急いで事務所に向かいます。

 

グーブルマップさまさまで、無事に約30分後に事務所につきました。

 

分厚い賃貸契約書の内容を確認しながら、サインをします。

分厚いといっても、大事なポイントは決まっているので、そこをチェックするだけです。

fujiko

fujiko
こんなに早く決まるとは思ってませんでした。

この物件すごくいい物件なのに、私の他に見学したいっていう人いなかったんですか?

不動産屋さん

不動産屋さん
いくつか連絡は来てたけど、私がおとといまで3週間休暇だったの。

それで、休暇明けの昨日前の持ち主からカギを返してもらって、そのあとすぐにあなたが見学に来たから。

決まる時はすぐ決まるのよね。

 

うーん、別件で電話したらちょうどいいタイミングでこんなことになるとは、なんてラッキーなんでしょうか。

 

でも、なんでも決まる時って、頭の中の計算だけでは予想しきれない何かが決定要因になることが多いのです。

それは流れとかラッキーとか運とかタイミングとか、とにかく自分の努力ではどうにもならない外的要因。

頑張って自分のできることを努力したら、その上に計算できないラッキーが起こることが結構多いのです。

 

fujiko

fujiko
そういえば、キッチンってどこで購入すればいいでしょうねえ。

IKEAとかでもいいのかなあ。

あ、でもまずキッチンの大きさ測らないとダメですね。

不動産屋さん

不動産屋さん
そうねえ。。。

あなたはいつデュッセルドルフに越してくるの?

fujiko

fujiko
引っ越しは一応1月中旬を予定しています。

でもキッチン搬入に時間がかかるなら、それより前にもう一回来るかもしれません。

あ、それとは別に来週またここに打ち合わせに来る予定はあります。

不動産屋さん

不動産屋さん
あら、そうなんですか。

賃貸契約は1月からだけど、もう部屋は空いているから、来週こっちに来た時にカギの引き渡ししてもいいですよ。

その代わり、敷金と1月分の家賃はそれまでに支払っておいてくださいね。

fujiko

fujiko
本当ですか?

来週カギの引き渡ししてもらえるならとても助かります。

じゃあ、その時にキッチンの大きさ測れますね。

敷金と1月分の家賃はすぐ支払います。

そういえば、礼金はどこに払えばいいですか?

不動産屋さん

不動産屋さん
じゃあ、カギの引き渡しは来週ということで。

礼金は必要ないですよ

fujiko

fujiko
え?

礼金が必要ないってどうしてですか?

それが仕事なのに???

不動産屋さん

不動産屋さん
法律が変わったの。

礼金は大家さんが支払うことになったの。

店子が払うのは禁止になったのよ。

確か、2015年だったかな。

だからあなたにとってはラッキーね。

fujiko

fujiko
えー、本当ですか。

いつの間に変更されたのか、全然知りませんでした。

それは家を探す方としては嬉しいです。

 

しかも、契約締結した時間はちょうど、彼女の仕事終了の時間。

残業をしないドイツなので、全てのタイミングがあと少し遅かったら契約締結は明日になるところでした。

fujiko-happy

fujiko-happy
ここにいる間に全部決められて良かった~。

本当にうれしい~!

 

手に賃貸契約書を持って、中央駅に向かいます。

デュッセルドルフ中央駅に到着。

 

昼と同じ店で夕食も

昼間も来た中央駅ですが、ミッションコンプリートの後は全てがきらきらして見えます。

 

ハンブルクの帰りの電車を調べます。

今すぐ乗れる電車がありましたが、ちょっとギリギリすぎます。

お腹もすいたので電車は1時間遅らせて、ここで軽く夕食を食べて帰ることにしました。

 

中央駅でゆっくりできるところは一ヵ所だけ、ということで、昼間フラムクーヘンを食べたのと同じ店に行きます。

 

昼と違うのは、乾杯のビール!

サラダに、炒めたジャガイモとベーコンと目玉焼き。

ビールによく合って美味しいのです。

fujiko

fujiko
うーん、いい気分!

 

おまけの出来事

いい気分で夕食を食べて食事終了。

ウエイトレスさんを呼んで、お会計を頼んでいると、そこに見知らぬおじさんが入ってきました。

そしてすーっと近づいてきて、なぜか私と同じテーブルの隣の席に座ってきたのです。

 

私が座っていたのは4人用のテーブルですが、他にテーブル空いているし、しかも座りやすい通路側ではなく、奥に座っていた私の隣にわざわざ座るとは!

 

ぎょっとしちゃいました。

 

fujiko-surprised

fujiko-surprised
ちょっと、なんでここに座るんですか!?

他にも空席たくさんあるでしょ!

 

驚いておじさんに言うと、おじさんは悪びれもせずにやにやとしています。

 


いやー、他のテーブル全部予約されちゃってるんだよ~・・・
fujiko-angry

fujiko-angry
(だからと言って何も言わずに座るわけないでしょ!)

あー、そうですか。

私はもう会計頼んでどうせすぐいなくなるんで、どうでもいいから勝手にすれば。

 

会計に来たウエイトレスさんも、驚いて目を丸くしておじさんを見ています。

私は一秒でも早く出たかったので、急いで支払いしたら慌てててチップちょっとしか払えなかった―。。。

 

ちょっと昨日の一つ目の物件の気味が悪かったおじいさんを思い出しました。

2019年1月に現在住んでいるハンブルクから、デュッセルドルフへ引っ越しをすることになりました。 今回はドイツ国内引っ越し実録家探し編第4弾で...

 

しかし不愉快なこととかどうでもいいことは結構すぐ忘れるたちなので、ふん、って思うくらいで実害はなし。

 

【火曜日夜】無事ハンブルクへ帰宅

時間なのでホームに向かいます。

電車は30分ほど遅れましたが、そんなことは些細なこと。

持ってきた本を読みながら待っていればなんていうこともありません。

 

始発のハンブルクと違って、デュッセルドルフは中央だからよく遅延が起こりそう。

乗ってしまえば後はハンブルクに戻るだけです。

 

疲れていたのでハンブルクまで爆睡。

あっという間にハンブルクに到着していました。

 

家に戻って気づいたおまけの出来事

無事に家に戻り、荷物を開けようとした時に気が付きました。

fujiko

fujiko
あれ?

チェックアウトの時につけたはずのスーツケースのカギがない???

 

今回小さめのスーツケースを持って行ったのですが、申し訳程度につけていた簡易カギがなくなっています。

fujiko

fujiko
あれー?

ホテルでちゃんとつけたと思ったのに、きちんとはまってなくて外れちゃったのかなあ。。。

あー、でもホテルのフロントに預けたから、もしかしたらなんか盗もうとしたのかも。。。

 

今回は観光でもないし安いホテルに泊まったので、もしかして管理が甘かったり、道徳意識の低い従業員が何かたくらんだのかもしれません。

 

fujiko

fujiko
まあ、どうせ何も入ってないけどね。

 

預けたスーツケースの中には大事なものは何も入っていません。

読み終えた日本の本と着替えと洗面用具くらい。

 

パスポートや財布やタブレットはもちろんのこと、充電のアダプター、モバイルバッテリー、充電ケーブル、折りたたみ傘、眼鏡など、少しでも他人が興味がありそうなもの、なくなって困るものは、全部持ち歩いていました。

 

スーツケースの中をあけてもなくなったものはゼロ。

カギもしっかり閉まってなくて自然に落ちたのか、だれかが意図的に盗ったかは不明です。

 

fujiko

fujiko
もうちょっとちゃんとしたカギを買っておこーっと。

 

デュッセルドルフ物件探し【まとめ】

このように最終的には予定の日数で、無事に気に入った場所に気に入った家を見つけることができました。

これでまた一つ肩の荷が下りました。

 

やはりやってみないとわからないことがいくつもありました。

 

今日の家探しでわかったこと:

・デュッセルドルフにはキッチンなし物件が多い!

・礼金払わなくてよくなってた!

・かなりの範囲を徒歩でいかれる

・グーグルマップのありがたさ

・スーツケースには頑丈なカギをつけること

 

家は無事に見つかったので、これからは引っ越しが待っています。

 

まずは引っ越し業者を決めなくてはいけません。

 

とりあえずここで家探し編は終了です。

引っ越し編に続く。。。

2019年1月に現在住んでいるハンブルクから、デュッセルドルフへ引っ越しをすることになりました。 前回紆余曲折の末、無事にデュッセルドルフ...

 

 

実用ドイツ語教材

当ブログで一番人気の「ドイツ語会話で必要な文法はこれだけでいい!」を改良し、わかりやすくまとめました。

テキスト部分と学習ノートの2部にわけ、例文も盛りだくさんです。

最短で効率よく実用ドイツ語をマスターするために、ぜひお役立てください。

 

ドイツ語会話に最低限必要な4つの文法教えます ドイツ在住・留学、実用ドイツ語会話を今すぐ身に着けたい方へ

オプションで、テキストに関する質問、その他ドイツ生活に関する質問も受け付けています。

 

 

こちらのバージョンではテキストと一緒に一か月無料で質問を受け付けます。

最短最速で実用ドイツ語会話を学ぶために必要な文法はこれだけ

 

 

その他、ドイツ語やドイツ生活に関するご希望テキストがあればリクエストを受け付けます。

お気軽にメッセージをお寄せ下さい。

メッセージはこちらへ

ハイデルベルク大学修士卒業・ハンブルクの企業で代表を務め、社内ベンチャーで異業種起業をして繁盛店にする。

記事執筆・翻訳通訳・ドイツ語個人レッスン経験あり。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ドイツ国内引っ越し実録手続き編③【ハンブルクからデュッセルドルフへ】

契約してた電力会社が潰れちゃった【ドイツの電力会社事情】

ドイツの教育方針・大学の講義やゼミ【日本との違い】

ドイツで働くということ - 有給や病欠

ドイツで学んだ日本文学・阿部公房【砂の女】の怖さときたら。。。

週末のベルリン滞在で感じた、ドイツで生活するということ