ベルリンのクリスマスマーケットと名所散策

2018年12月

一泊二日でベルリンに行ってきました。

今回の目的はベルリン在住の友人に会うことと、何と言ってもクリスマスマーケットです。

 

ベルリンのクリスマスマーケットの様子と町のイルミネーションの様子をご紹介します。

 

2018年5月某日 週末にハンブルクからベルリンに行ってきました。 ドイツの新幹線ICEで2時間もかからないので、気軽に行かれます。...

 

ハンブルクからベルリンへ

ハンブルクからベルリンへはドイツバーンで2時間弱。

今回のメインはクリスマスマーケットということで急ぐ予定もなし。

 

というわけで午後の電車でゆっくりとハンブルクから出発します。

ハンブルク発プラハ行きの電車でベルリンに行きます。

 

ハンブルクからベルリンまでは1時間半くらいなのであっという間です。

ベルリン到着です。

 

中央駅から友達と待ち合わせているアレクサンダープラッツへ。

ベルリンはアレクサンダープラッツのクリスマスマーケットが大きいらしいのです。

 

アレクサンダープラッツのクリスマスマーケット

無事にアレクサンダープラッツ駅でベルリンの友達と合流して、そのままクリスマスマーケットへ向かいます。

fujiko

fujiko
おー、いきなりベルリンぽい!

 

駅を出てすぐそばに、マリーエン教会が見えます。

ベルリン最古の教会のひとつで1270年ごろに最初の建築が行われたそうです。

 

近くにテレビ塔も見えます。

ベルリンのテレビ塔はヨーロッパでも3本の指に入る高さで、368mもあるそうです。

 

 

教会もテレビ塔も見どころはありますが、今回の目的はクリスマスマーケット。

他の観光は素通りで、そのまま目の前にあるクリスマスマーケットへ向かいます。

 

駅を出てすぎにもうクリスマスマーケットが見えています。

 

 

中に入った様子。

この日はあいにくの雨でしたが、幸い小雨程度。

なんとか傘をささないで歩ける程度です。

 

一応防止付きのコートを着ているので、帽子をかぶって歩きます。

普段のバックと一泊用のバックを持っているので両手が塞がってて傘が差しにくい状態。

 

fujiko

fujiko
雨やんでくれるといいんだけど・・・

 

雨がちらつきますが、ひととおり見て楽しみます。

fujiko

fujiko
あー、焼いたアーモンド甘くてカリカリして美味しいんだよねー。
friend

friend
うん、後で買って帰ろうよ。

 

 

アーモンドは後で買うとして、まずはグリューワイン!

雨だったので友達と二人で屋根付きの小屋でグリューワインを飲みながら近況報告。

 

(友人はお酒飲めないので見た目そっくりの子供用のキンダーパンチを飲んでいます。

見た目は同じで雰囲気楽しめるのでアルコールダメな人にお勧め

 

結構長い間話してしまい、あたりはすっかり暗くなってしまいました。

friend

friend
そろそろ、夕ご飯食べにレストランに向かおうか。
fujiko

fujiko
そうだね。

せっかくだからドイツ料理食べよっか。

 

人気のドイツレストランで食事

アレクサンダープラッツのクリスマスマーケットを見た後は、歩いてレストランへ向かいます。

friend

friend
近くに、人気のドイツレストランがあるんだ。

いろんな自家醸造ビールも飲み比べできるから、楽しいと思うよ。

fujiko

fujiko
じゃあ、そこに行こう!

 

確かになかなか素敵なドイツレストランです。

まだ時間が早いので席が空いていてよかったです。

 

ビールの醸造樽が見えます。

 

ビールはせっかくだから飲み比べセットを頼みます。

じゃーん!

ウエイターさん曰く、左から軽いビール、右にいくにつれて重いビールになっていくそうです。

fujiko

fujiko
なるほど。

味、結構違うなあ。

私は3番目と5番目がこのみかな~。

 

そしてせっかくだから料理もドイツらしいものを。

私も友人もそれぞれドイツ伝統料理をチョイス。

 

ドーン!と私はドイツ名物ハクセを頼みました。

 

friend

friend
おっきー!

絶対顔と同じくらい大きさあるよ!

 

写真撮ってみましたが、確かに顔と同じくらいの大きさありました。

 

でも話は楽しいし、お腹もすいているし、ビールと合うし、私はもともとたくさん食べるので問題なし。

骨だけ残して完食です。

 

friend

friend
あはは、よく全部食べたね。

食後の様子も写真に撮っておけばいいのに~!

 

流石に食べた後は美しくないので撮りませんでしたが。。。

 

friend

friend
美味しかったねー。

じゃあ、家に戻って2次会やろう!

この間ドレスデンのクリスマスマーケットでシュトレンたくさん買ったから食べ比べできるよ~。

 

友達はお酒より甘いものが好きなのです。

私はどちらも好きなので、もちろんシュトレン食べ比べパーティ参加です。

 

友人宅到着。

 

ベルリンビールとおつまみ。

さっきクリスマスマーケットで買った焼きアーモンドも一緒です。

 

fujiko

fujiko
ゆっくり自宅で家飲みっていいよね~。

 

そして、メインのシュトレン。

シュトレンとはドライフルーツがたくさん入ったフルーツケーキ。

ドイツで冬によく食べるお菓子で、クリスマスマーケットの名物でもあります。

 

 

ドレスデンのクリスマスマーケットのシュトレンは種類もたくさんあって有名です。

友達はシュトレン目的に先日ドレスデンに行ってきたのです。

 

 

友達が吟味して選んだ3種類のシュトレンの食べ比べ。

 

もともとはこんな大きな箱に入っています。

1kgくらい一緒に焼かないと美味しいシュトレンが焼きあがらないそうなのです。

 

決められた基準を達したシュトレンには、シュトレン協会の規格達成シールがついています。

このシールつきのシュトレンが美味しいといわれています。

 

friend

friend
どれが一番おいしいと思った?

 

私がつけた順番は友達と同じでした。

 

friend

friend
そうだよね、やっぱりこの順番だよね。

でも実は、最下位をつけたシュトレンが世間ではおいしいと有名なお店のシュトレンなのです。

 

fujiko

fujiko
まあ、有名じゃなくても他にも美味しいお店たくさんあるもんね。

やっぱり実際食べてみなくちゃわからない!

 

それにしても、境遇も背景も性格も違う二人ですが話すことがつきません。

日本に住んでいた時には自分と似た環境の人としか知り合うチャンスがありませんでした。

でも海外に住んでいると、自分が日本では出会えなかった日本人とたくさん知り合うことができます。

 

これはすごく楽しいです。

それだけでもドイツに来てよかったと思えるくらいです。

 

明日は動物園の近くのもう一つの大きなクリスマスマーケットに行きます。

 

ベルリンクリスマスマーケット【ブライトシャイト広場】

今日行くクリスマスマーケットはブライトシャイト広場です。

ドイツの皇帝ヴィルヘルム1世の追悼のために建てられた【カイザー・ヴィルヘルム記念教会】が隣にあります。

最寄り駅を降りるとすぐ【カイザー・ヴィルヘルム記念教会】が見えます。

 

実はこの教会は第二次世界大戦でほどんどが壊されてしまいます。

そして、現在も壊された状態のまま残されているのです。

 

写真の右側がかろうじて残った部分で、左側は破壊されているのがわかります。

 

 

2016年に起きたテロ

このブライトシャイト広場は2016年にテロ事件が起きた場所です。

 

クリスマスマーケットにいきなりトラックが突っ込んできた悲劇の現場。

記憶にある方も多いと思います。

 

ここがその現場です。

真ん中の銅色の線状になっているのが、トラックが突っ込んだ道筋です。

 

犠牲者に追悼のろうそくや花が置かれています。

周りには以前はなかったコンクリートのブロックが並べられ、車両の進入を防げるようになっています。

 

 

さっき見たカイザー・ヴィルヘルム記念教会の反対側です。

実は戦争で壊されてしまったカイザー・ヴィルヘルム教会の隣には、新しい教会が建てられているのです。

 

壊れれた教会の左にあるモダンな建物が、新しい教会なのです。

外からだと教会に見えません。

 

新旧どちらの教会も中に入れるのでのぞいてみます。

 

戦争で破壊された旧教会の中

旧教会の前にクリスマスツリーが飾られています。

 

中は特に天井が見ごたえがありました。

 

隣に建てられた新教会

旧教会の向かいに経っている新教会です。

中は真っ青で海の中にいるみたいです。

旧教会とは全く趣が違います。

 

後ろのパイプオルガンで誰かが軽く演奏しています。

これから行われるミサの予行練習でしょうか。

friend

friend
うわ、ここ暖かいよ。
fujiko

fujiko
本当だ、暖房が入ってる!

教会に暖房が入っているなんて珍しい!

さすが新しい教会だね~。

 

なんだかゆっくりできる雰囲気だったので、ミサが始まるまでしばらくここでおしゃべりしていました。

 

その後クリスマスマーケットに行きました。

いかにもドイツのトラディショナルなお店が並んでいます。

 

買ったのは定番ソーセージと、大きいキノコ「シャンピニオン」。

 

そしてお馴染みのグリューワイン。

赤のグリューワインが定番ですが、今回は白のグリューワインにしました。

 

こうやってちょこちょことクリスマスマーケットを楽しみます。

 

 

friend

friend
ちょっと寒くなってきたし、そろそろ日本人経営の美味しいカフェに行ってみようか。

 

友人曰く、最近できたらしい評判の日本人カフェがあるらしいので、連れて行ってもらいます。

 

日本人経営の美味しいカフェへ

美味しそうなケーキが並んでいます。

ドイツの大きくて素朴なケーキもいいけど、やっぱりこういう柔らかくてふわふわケーキにも惹かれます。

 

私が選んだのはカスタードクリームベースの抹茶シュークリーム。

カスタードクリームのシュークリームが大好きな私なんですが、ドイツでは売ってないのです。

fujiko

fujiko
んー、美味しい。

満足!

 

ここでも友達とおしゃべりしまくります。

自分たちのこと、共通の知り合いのこと、現在の状況などいろいろ話します。

 

海外で生活する私たちにとって、未来は不確定要素がたくさん。

もちろん明るいことばかりではないけれど、不思議とポジティブな考えと元気さは失わない。

 

多分そんな性格でもないと、一人で長いこと海外生活に対応できないんだろうな・・・

1年2年の短期留学や正規留学生や社会人として10年くらい、または結婚して長期滞在している人はそれなりにいます。

 

でも普通に一人で自立して20年も30年もドイツで生活している日本人は意外と少ないのです。

「ビザと生活費」はどんなに親しい関係でも決して助けてあげることはできません。

特にビザはドイツで滞在する以上、どうしても自分で確保しなくてはいけない道です。

 

ドイツに来てこころざし半ばで帰国になる人、やりたいことを終えて満足して日本に帰る人、色々います。

 

まあ、そういう私も人生の旅の途中です。

現在を楽しみつつも、将来どこに住むことを選択するかはいつも頭の中にあります。

 

ドイツと日本、どちらかにずーっと住むとしたらどっちがいいんだろう・・・ ドイツに住んでみて思ったのは、ドイツの方がいいところも、日本のほう...

 

ケーキ屋さんでひとしきり話した後は、定番ブランデンブルク門の周りをぐるりと回ることにします。

 

ブランデンブルク門周辺を散策

もと添乗員であった友達は、いろいろ知識があって私が今まで知らなかったベルリンを案内してくれます。

 

friend

friend
あれ見て。

そこアメリカ大使館なんだけど、ベルリン熊が自由の女神の形してるんだよー。

 

friend

friend
ここは、ユダヤ人追悼の記念碑。

 

戦争で殺された約600万人ンユダヤ人を忘れないように追悼記念碑がありました。

この近くは何度も歩いているのに全然知りませんでした。

 

 

ブランデンブルク門は安定のきれいさ。

手前にはクリスマスツリーも飾られていました。

friend

friend
やっぱりブランデンブルク門はきれいだね。
fujiko

fujiko
うん、クリスマスバージョンも見られたし、来てよかった。

 

ブランデンブルク門を楽しんだ後、もう一つの目的地へ向かいます。

 

涙の宮殿/Tränenpalast

ブランデンブルク門から博物館島方面のFriedlichstraße駅まで移動します。

散歩がてら歩いても行かれる距離ですが、今回は寒いし時間もなくなってきたので地下鉄移動です。

 

ここには2011年9月にできた資料博物館があるのです。

「涙の宮殿/Tränenpalast」です。

ここは冷戦時代、実際に東西ドイツの国境検問所があった場所なのです。

その跡地を整備して、2011年から一般に開放しているのです。

 

当時どんな形だったのか模型があります。

実際の東西の境目だった場所です。

今はその先はガラスで仕切られ、先は普通の一般道になっています。

 

ここが国境検問所の入り口です。

 

「Ausreise für Bürger/市民の出国」「ベルリン(西)BRD」「anderer Statten/他国」と表記されています。

 

国境検問所の中です。

細長くて圧迫感があります。

 

中には当時の制服がかけられています。

 

国旗の色をした当時の柱がそのまま残っています。

“国の境目・止まれ”と書いてあります。

 

当時のものものしい様子がリアルに感じられます。

 

ベルリンとは

やはりベルリンはかつての東西ドイツの境界線。

ハンブルクとは違う歴史的背景を彷彿とさせるものがたくさんあります。

 

 

ベルリンには何度も来たことがありますが、やはり東西ドイツの象徴であるベルリンに来ると、普段は忘れている何かを感じます。

 

 

歴史にそれほど精通していない私が行くベルリンは定番の所が多いです。

よく日本からのお客さんを案内した、大聖堂・博物館島で芸術鑑賞・チェックポイントチャーリー・ベルリンの壁・ブランデンブルク門。

ちょっと変わりどころで、ベルリンフィルハーモニーでコンサート・世界陸上・収容所跡地くらいでしょうか。

 

今年はお祭りにも来ました。

2018年5月某日 週末にハンブルクからベルリンに行ってきました。 ドイツの新幹線ICEで2時間もかからないので、気軽に行かれます。...

 

 

もちろんそれだけでも充分見どころがありますが、かつての東ベルリンの跡が色濃く残っているベルリンはまだまだ奥が深い都市です。

fujiko

fujiko
知識と経験豊富な友達に感謝!

 

ちょっとしたアクシデント

friend

friend
あ、そろそろ時間だね。

荷物を取りに家に戻ろうか。

 

夕方の電車でハンブルクに戻るので、そろそろ荷物を取りに友人宅に戻ります。

 

時間の計算はしていたはずなのですが、思ったよりブランデンブルク門周辺で長時間見学してしまいました。

それでもまだ余裕はたっぷりあったはずなのに、地下鉄駅でアクシデントが。

 

普段5分とか10分おきに通っている地下鉄が、なぜか20分以上も来ません。

friend

friend
えー、どうして?

今までこんなこと一回もなかったのに~。

fujiko

fujiko
ハンブルク行きの電車にはまだ間に合うと思うけど、結構ぎりぎりになっちゃうね。

 

本当に家に戻って荷物を取ってすぐ出てこないとぎりぎりな感じです。

fujiko

fujiko
もしここから中央駅に向かう地下鉄も遅延してたらまずいなー。
friend

friend
ほんとだね。

でもバスで行くともっと時間かかっちゃうし。。。

 

と、結構切羽詰まってきました。

fujiko

fujiko
えーと、、、

ハンブルク行き電車の時間は18時xx分だから・・・・

あれ???

 

アプリから買ったチケットを確認していてあることに気が付いてしまいました。

二度見して、友達にも確認してもらいます。。。

fujiko

fujiko
ねー、これって・・・

ハンブルクからベルリン行きのチケットだよね・・・

fujiko

fujiko
えー???

 

今まで全然気づいていませんでしたが、なんと「ベルリン―ハンブルク」ではなく逆方向の「ハンブルク―ベルリン」のチケットを購入していたのです。

fujiko-surprised

fujiko-surprised
あれー、なんで?

ちゃんと行き先行きのチケットと逆方向になおして買ったはずなのに???

 

でも何度チケットを凝視しても、行き先が変わるわけではありません。

fujiko

fujiko
あー、ごめん。

もう一回チケット買いなおすわ。

新しいチケット2時間先になっちゃうけど、それに変更してもいい?

friend

friend
うん、うちは大丈夫だよ。

それなら簡単に御飯つくるから夕ご飯食べていきなよ。

fujiko

fujiko
いいの?

どうもありがとう。

でも今気が付いてよかったよ~。

焦って中央駅に行く必要なくなった。

 

あーあ、こんな間違いはしたことがありません。

正規チケットではなく割引チケットを買ってはいたのは不幸中の幸いですが・・・

 

fujiko-sad

fujiko-sad
やれやれ。。。

多分、最近デュッセルドルフとハンブルク行ったり来たりしてたし、新居見つけてすぐベルリン行き予定したから。

なんか時間ぎりぎりで焦ってたんだろうな。。。

 

友達も忙しいなか、急に滞在予定が2時間伸びてしまったのに、嫌な顔ひとつせず御飯まで作ってくれて感謝です。

 

ベルリンからハンブルクへ

食事をご馳走になって、そろそろハンブルクに戻る時間になりました。

友達と別れてベルリン中央駅へ向かいます。

 

fujiko

fujiko
どうもありがとう。

とっても楽しかったよ。

今度また私のところにも遊びに来てね。

 

 

今度は地下鉄の遅延もなく、余裕を持ってベルリン中央駅に到着。

 

ベルリンと言えばアンペルマン。

電車に乗るまでまだ時間があったので、ちょっとのぞこうかと思ったらもう閉まっていました。

 

昨日クリスマスマーケットで買った焼アーモンドを食べながら読書。

 

夜中になりましたが、無事ハンブルクに到着です。

一泊二日の短い日程でしたが、密度が濃くてとても良い旅行でした。

 

2018年5月 急遽、週末にハンブルクからベルリンに行くことに。 ICEで2時間弱。当初は日帰りを予定していましたが、結局一泊するこ...

 

 

 

実用ドイツ語教材

当ブログで一番人気の「ドイツ語会話で必要な文法はこれだけでいい!」を改良し、わかりやすくまとめました。

テキスト部分と学習ノートの2部にわけ、例文も盛りだくさんです。

最短で効率よく実用ドイツ語をマスターするために、ぜひお役立てください。

 

ドイツ語会話に最低限必要な4つの文法教えます ドイツ在住・留学、実用ドイツ語会話を今すぐ身に着けたい方へ

オプションで、テキストに関する質問、その他ドイツ生活に関する質問も受け付けています。

 

 

こちらのバージョンではテキストと一緒に一か月無料で質問を受け付けます。

最短最速で実用ドイツ語会話を学ぶために必要な文法はこれだけ

 

 

その他教材全一覧はこちらへ。

 

その他、ドイツ語やドイツ生活に関するご希望テキストがあればリクエストを受け付けます。

お気軽にメッセージをお寄せ下さい。

メッセージはこちらへ

ハイデルベルク大学修士卒業・ハンブルクの企業で代表を務め、社内ベンチャーで異業種起業をして繁盛店にする。

記事執筆・翻訳通訳・ドイツ語個人レッスン経験あり。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

マドリードオープンテニス 観戦記⑦

ハンブルクからハイデルベルクへ・週末小旅行①

ドイツからスペインのマドリードへ 観光編④

マドリードオープン観戦記④

【ジャポニスム2018・ルーブル個展・香取慎吾】ドイツからパリへ②

ドイツからスペインのマドリードへ 観光編⑦

ヨーロッパ圏WiFiルーター,