念願の初大会通し観戦!【2022年ドイツハレテニス③】

2022年6月13日~19日。

3年ぶりにドイツハレのテニス観戦にやってきました。

今年からテラ・ヴォルトマン オープン(Terra Wortmann Open)と名称が変更になったこの大会。

テニス観戦人生の中で初となる全日程通し観戦の第3弾です。

今回は本選3日目の様子からお伝えします。

後半戦に入り、見どころのある試合が増えてくるので楽しみです。

第1、2弾の様子はこちら。

2022年6月 ドイツのハレで行われるテニストーナメントの時期がやってきました。 コロナ渦で2020年大会中止、2021年は202...

2022年6月 コロナ渦で2020年大会中止、2021年は2020年のチケット優先で一般販売なしだった ドイツのハレのテニス観戦、...

大会3日目の会場

今朝もホテルでゆっくりたっぷりの朝食を平らげ、エネルギー補給充分で会場へ。

センターコートの掲示板には昨日までの試合結果が載っています。

今日は一つ残った第一シードのメドヴェージェフのシングルス一回戦があります。

先週の大会で決勝まで残り、ランキングナンバーワンに返り咲いてから初の試合です。

昨日は第二コートの特等席を陣取ってオジェとメドヴェージェフのダブルスを観戦しましたが、

やはりメインはシングルス。

どんな試合になるのか楽しみです。

大会3日目試合予定

Center Court

DatumMatchUhrzeit
15. JuniDaniil MEDVEDEV vs. David GOFFIN12.00 Uhr
15. JuniHubert HURKACZ vs. Ugo HUMBERTIm Anschluss an vorheriges Match
15. JuniNick KYRGIOS vs. Stefanos TSITSIPASIm Anschluss an vorheriges Match
15. JuniMackenzie MCDONALD vs. Felix AUGER-ALIASSIMENicht vor 17.30 Uhr

Court 1

15. JuniIvan DODIG &Austin KRAJICEK vs. Matthew EBDEN &Max PURCELL12.00 Uhr
15. JuniPablo CARRENO BUSTA vs. Sebastian KORDAIm Anschluss an vorheriges Match
15. JuniKevin KRAWIETZ Andreas MIES vs. Daniel ALTMAIER Oscar OTTEIm Anschluss an vorheriges Match
15. JuniSimone BOLELLI Matwe MIDDELKOOP vs. Tim PUETZ Michael VENUSIm Anschluss an vorheriges Match

今日はなんといっても第一試合のメドヴェージェフの試合観戦がメインです。

最初にこの試合を観戦して、その後その他の観戦予定を考えます。

大会3日目センターコート第1試合【メドベージェフ対ゴフィン】

本日も快晴。マスコット熊が試合前の会場を盛り上げてくれます。

最初に入場したのはゴフィン。
続いてメドベージェフ入場。
最初のサービスを決めるコイントス。

こうやってみるとメドヴェージェフ大きいですね。

手前にいるゴフィンがかなり小さく見えます。

試合開始。

第一ゲームはメドヴェージェフがあっさりキープした後、ゴフィンのサービス。

序盤は淡々と進んでいきます。

メドヴェージェフのサーブ、躍動感がありますね。

連写すると動きがよくわかります。

今度はアドサイドからのサーブ。

メドヴェージェフのサーブを追っているうちに、第一セットは6-3でメドヴェージェフ。

今日のメドヴェージェフは危なげない。

ランキング1位に返り咲いて初めての試合、しかも先週の試合では準優勝で終わったこともあり、

今回は絶対優勝を狙っているはず。初戦でてこずるわけにはいきません。

第2セットも調子はそのまま。

順調にゲームを進行しブレイクもあり、余裕の5-2からのサービングフォアザマッチ。

相手のゴフィンも頑張ったのですが、及ばず。

今日は完全にメドヴェージェフの日でした。

そのまま試合終了。

6-3,6-2でメドヴェージェフの勝利です。

勝利後、観客に手を振るメドヴェージェフ。

一回戦なのでそれほど目立ったパフォーマンスはありません。

センターコートの次の試合はHubert HURKACZ対Ugo HUMBERTですが、

試合終了と同時に私もセンターコートを出て他のコートを回ることにします。

第1コート第2試合【Pablo CARRENO BUSTA vs. Sebastian KORDA】

もうすっかり病みつきになったイチゴボールを持ってコートへ。

これ本当にいいなあ。。。ビールより急いで飲まないでいいし、イチゴのおいしさと適度なアルコールを楽しめるし、テニス観戦に最高のお供!

選手入場。

スペインのバスタとアメリカのコーダ。

ランキングはバスタの方が上です。

バスタ選手のストローク。

やはり特等席から見る選手は近い!

これだけ近くからプレイを見られると自分も試合に参加している気分になるくらい。

これぞ試合観戦の醍醐味です。

試合はバスタのプレイに心なしか余裕が感じられます。

ランキング通りの流れというか。

しかしもちろんコーダも負けてはいません。全力で頑張ります。

しかし第一セットは6-4でバスタが取りました。

順当といえば順当。

第二セットはどうなるか・・・

と思ったらなんと、第2セットはあっという間に6-0でコーダが取り返します。

第1セット6-4で取ってランキング通りバスタが順当にいくと思いきや、本当にテニスはわからない。

こういう一方的な展開が起こるのもテニスです。メンタル要素も非常に大きい。

一方的な展開になったらこのセットは無理せず捨てて、次のセットに向けて体力温存も作戦のうち。

休憩中のバスタは一体何を考えているのか。

第3セット開始。

第3セット最初からバスタのスタートダッシュがあるのか。

あっという間に終わってしまった第2セットとは違って、ギアを入れなおしたバスタ。

第2セットとは全く様子が違う。

本当にテニスってメンタルと技術と体力の合わせ技だなあ。

第3セットの流れは第1セットと似ていて、バスタに流れが。

一方的だった第2セットがうそのよう。

結局第3セットは危なげなく6-3でバスタが取り、セットカウント2-1でバスタの勝利。

試合後の挨拶をする二人。

勝利を喜ぶバスタ。おめでとうございます。

試合後ファンサービス中のバスタ。

選手退場の後、6-4,0-6,6-3を表すスコアボードが残ります。

私もお腹がすいてきたのでちょっと一休み。

イチゴボールもおいしいけどそれだけでは足りません。

今日はカレーソーセージとパン。

そしてお供のビールも欠かせません。

ここで一息ついた後はセンターコートに戻ってチチパス対キリオスの試合観戦です。

センターコート第3試合【チチパス対キリオス】

チチパス対キリオス戦、私がセンターコートに行ったときには第一セットの終盤でした。

ランキング通り順当にいけばチチパスが有利ですがどうなっているでしょう。

場面は4-5でキリオスのサーブ。

ここをキリオスがキープすれば5-5で並ぶ場面です。

ちょうど盛り上がる場面です。いいところに戻ってこられてラッキーです。

キリオスがキープすれば互角のまま続きますが、万が一取られるとこのままセットが終わってしまう大事な場面。

30-30の重要場面、キリオスのサーブにも力がこもります。

逆にここを取れば一気に有利になるチチパス。

重要な場面なのはわかっていますから緊張感のあるいいプレーが続きます。

40-40のジュース。

ここで第一セットの決着をつけたいのでチチパスも頑張りますが、キリオスも負けれません。

ここはキリオスが粘り勝ちでキープを死守。5-5にします。

5-5のタイからサービスのチチパス。

チャンスは逃してしまいましたが、タイになっただけで勝負はここから。

次のゲームはキープ、その次もなんとか頑張ってキリオスのサーブをブレイク。

チチパスが7-5で第一セットを取りました。

しかし、第1セットでチャンスが逃した後やっとセットを取ったところで気が緩んでしまったのか、または力が尽きてしまったのか、第2セットはいまいち調子が上がりません。

心なしかプレイ中の表情も余裕がないように見えます。

そして第2セットはあっさり6-2でキリオスに取られてしまいます。

これでセットカウント1-1に並ばれました。

一流選手の強いところは、ピンチのここぞというところでギアが一段上がるのですが

チチパスは第3セットでギアをあげられるのか・・・

しかしどうも今日はチチパスの日ではないようです。

第3セットになっても第2セットのプレイと変わらない様子。

とうとう5-4でキリオスのサービングフォアザマッチを迎えてしまいます。

断然有利のキリオス、そしてピンチのチチパス。

そしてそのまま6-4でキリオスが押し切って勝利!

試合後に検討をたたえあうチチパスとキリオス。。。

あー、チチパス二回戦敗退・・・

残念ですが長いシーズン、こういう事もあります。

こうやって考えると、お気に入りの選手の勝利を目の前で見られるって結構難しい確率です。

いつも勝ち続ける選手ってやっぱりすごいなー、と改めて思います。

さて、次は今日のセンターコートの最終戦、オジェとマクドナルドの試合です。

私も引き続きセンターコートで今勢いのあるオジェ選手のプレイを観戦します。

最初のシングルスとメドベージェフとのダブルスを含め、すでに3試合目の観戦。

今回の観戦今のところオジェ比率高めです。

センターコート第4試合【オジェ対マクドナルド】

試合はオジェのサービスゲームから。

あっさりサービスキープして1-0です。

1-1で再びオジェのサーブ。躍動感がありますね。

とはいえ毎日の通し観戦、そして本日4試合目とあって、いくら素晴らしい試合ばかりとはいえ、正直観戦する方もだんだん疲れてきました。

贅沢といえば贅沢なんですけどね。

第1セット1-1。

ジャンプ力とスイングスピードの速さ。

第4ゲーム目、マクドナルドのサーブで0-30のピンチ。

勢いのあるオジェがブレイクで一気に試合を有利に進めるか・・・

と思いきやマクドナルドも粘ります。

勝負は互角。

第1セットは最後まで互角のまま6-6のタイブレークに進みます。

タイブレークの末、このセットを取ったのはオジェでした。

第1セットを取ったオジェは勢いに乗ったか、第2セットの第2ゲームでマクドナルドのサービスをブレイクしてそのまま試合を有利に進めます。

なんか体の動きも第1セットよりよくなってきた気がします。

その結果、第2セットは6-1であっさりオジェが取り、試合終了。

第2セットが圧倒的だったせいか、試合後の挨拶もあっさりしたものです。

主審と挨拶。

改めて観客に挨拶をするオジェ。

勝利おめでとう!

本日はなかなか見ごたえのある試合が多く、観客の私にとってもハードな一日でした。

上位陣ではメドヴェージェフは勝ち上がり、チチパスは敗退。

私も予選最終日から観戦4日目で若干疲れがたまってきました。

試合も中盤の盛り上がりどころに入り見ごたえのある試合が増えてきました。

そして明日も今日と同じくセンターコートと第1コートで各4試合行われるハードなスケジュール。

私も明日への観戦の気力を養うため、今日はさっさとホテルに戻り早めに休みます。

大会通し観戦記録も次回で最終回になる予定ですのでもう少しお付き合い下さい。

続く。

ドイツで快適な生活を送るために

ハレのテニス観戦、本日もとても楽しい一日を過ごすことができました。

こんな旅が何不自由なくできるのも、ドイツ語を習得したおかげです。

現地で生活していて日々実感するのは、現地の言語ができて損することは一つもないということ。

もしあなたが効率よくドイツ語を学びたい、と思ったらぜひ私が書いたこの記事をご一読下さい。

ってよく聞きます。 女性名詞、男性名詞、中性名詞、と聞くだけでもうおなか一杯っていう人もいるかもしれません(^^)/。 気持...

更にドイツ語をもっと学びたいという方はこちらもぜひ読んでみて下さい。

https://coconala.com/services/651103

実用ドイツ語教材

当ブログの人気記事「ドイツ語会話で必要な文法はこれだけでいい!」を改良し、わかりやすくまとめました。

テキスト部分と学習ノートの2部にわけ、例文も盛りだくさんです。

最短で効率よく実用ドイツ語をマスターするために、ぜひお役立てください。

 

ドイツ語会話に最低限必要な4つの文法教えます ドイツ在住・留学、実用ドイツ語会話を今すぐ身に着けたい方へ

オプションで、テキストに関する質問、その他ドイツ生活に関する質問も受け付けています。

 

 

その他教材全一覧はこちらへ。

 

その他、ドイツ語やドイツ生活に関するご希望テキストがあればリクエストを受け付けます。

お気軽にメッセージをお寄せ下さい。

メッセージはこちらへ

ハイデルベルク大学修士卒業・ハンブルクの企業で代表を務め、社内ベンチャーで異業種起業をして繁盛店にする。

記事執筆・翻訳通訳・ドイツ語個人レッスン経験あり。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

マドリードオープン観戦記①錦織圭・大坂なおみ・ナダル・ズベレブ兄弟

ドイツからルクセンブルク③【古代ローマのヴィアンデン城】

ドイツからスペインのマドリードへ 観光編⑧

ドイツ旅行2泊3日【ドレスデン】2日目-2バスタイ橋

ドイツからドイツバーンでプラハまで行ってみた

ドイツからパリへ④【凱旋門・シャンゼリゼ通り・パリジェンヌとお散歩】