ドイツ語表現: 二つの”あなた” ― “Sie” と “Du”

ドイツ語には二つの”あなた”を表す表現があります。

”Sie (ジィー)””Du (ドゥー)” です。

今回は、具体的にどんな状況でこの二つを使うのかご説明します。

” Sie”と”Du”の使い分け

ドイツ語を学び始めると、二種類の「あなた」の使い方について、

大体このように習うのではないでしょうか:

 


”Sie”:初対面の人や目上の人に使う

“Du”: 友人や家族など親しい人や子供相手に使う

(”Du”では相手を名前で、”Sie”では名字でよびます。)

 

この説明はもちろん正しいです。

大学だと、

教授と学生は”Sie”大学生同士は”Du”

 

会社だと、

社員の間は”Du”社外の人は”Sie”

 

と比較的簡単に分けることができます。

 

 

英語と違って、”あなた”の使い方が”YOU”ひとつではなく、二つあること、

初対面の人と、家族・友人向けに使う言い方に分かれることなど、

日本語と少し似ているかもしれません。

 

実生活ではどう使う?

ただ、実生活では微妙はケースもあり、

一体どっちを使えばいいのか迷うこともあります。

 

例えば、


友人に紹介された初対面の人と話すときは?

初対面だから“Sie”? でも友人は”Du”を使ってるから”Du”?⁇

 


同世代の趣味の集まりに年配の人が入ってきたときは?

全員と”Du”だから”Du”?、でも年配の人だから失礼にならないように”Sie”???

 

どちらを使っていいのかちょっと迷いますね。

 

ここで気を付けないといけないのは、

日本語では丁寧に言うことで

相手に対して尊敬の気持ちを示しますが、

ドイツ語では、相手との心理的な距離感を第一基準に考えることです。

 

これは相手が年上とか年下とかはあまり関係ありません。

 

何歳年が離れていようと、親しい間柄であれば”Du”を使います。

 

こちらが親しくしていただいている年上の方に、失礼にならない気持ちで”Sie”を使っているとしても、相手は”私と距離を置きたいのかな”とさみしく思ったりします。

 

なので、上記の例では私はどちらも”Du”を使います

 

もう一つ判断の目安は、最初の自己紹介で”名前”を名乗る場合は

たいてい”Du”を使うという点です。

 

自己紹介で相手が”名字”を名乗ってきた場合は(仕事以外ではほとんどないですが)

”Sie”を使ったほうがいいのかもしれません。

 

確実なのは、最初に自己紹介をしたときに”Du”を使っていいかな

と確認することです。

(お互い”Du”を使うことを”Dutzen/ドゥッツェン”と言います。)

 

そうすると100%”Du”で話しましょう

と言ってくれるので(今までダメと言われたことないです)、

どちらを使うか迷うこともありません。

 

日本人同士での”Du”と”Sie”は?

ドイツ人と話す時はそれでOKなのですが、

日本人同士で自己紹介をする時、少し困ることもあります。

 

最初に名字で自己紹介してしまうと、日本語で話す時は問題ないのですが、

ドイツ人も交えて話していると、

 


君たちはお互い”Sie”を使っているが仲が悪いのか?

 

と聞かれることが結構あります。

 

fujiko

fujiko

日本の文化では、”Sie”が必ずしも相手との距離感を示すわけではない、

仲が良くても”Sie”を使う場合もあるんだよ。

 

と説明しても、やはり理解してもらうのはなかなか難しいです。

 

何度もそんな説明をしているうちに、そのうちだんだん自然に日本人同士でも

最初から名前(Du)で自己紹介をすることが多くなってきます。

 

特に学生同士やドイツに長い間住んでいる人たちは、

やはり便利なので、そういう傾向が高いです。

 

実用ドイツ語教材

当ブログの人気記事「ドイツ語会話で必要な文法はこれだけでいい!」を改良し、わかりやすくまとめました。

テキスト部分と学習ノートの2部にわけ、例文も盛りだくさんです。

最短で効率よく実用ドイツ語をマスターするために、ぜひお役立てください。

 

ドイツ語会話に最低限必要な4つの文法教えます ドイツ在住・留学、実用ドイツ語会話を今すぐ身に着けたい方へ

オプションで、テキストに関する質問、その他ドイツ生活に関する質問も受け付けています。

 

 

その他教材全一覧はこちらへ。

 

その他、ドイツ語やドイツ生活に関するご希望テキストがあればリクエストを受け付けます。

お気軽にメッセージをお寄せ下さい。

メッセージはこちらへ

ハイデルベルク大学修士卒業・ハンブルクの企業で代表を務め、社内ベンチャーで異業種起業をして繁盛店にする。

記事執筆・翻訳通訳・ドイツ語個人レッスン経験あり。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ドイツ語をネイティブの響きに変える実用単語3選【mal・doch・noch】

ドイツ語wennの意味と【ドイツ語をドイツ語で考える重要性】

たった三つの決まりを知っているだけで、ドイツ語で何が書いてあるかすぐわかる!

ドイツ語日常会話【ich hätte gern/~を欲しいのですが】意味と具体例...

ドイツで英語を習ってみる・体験記⑥【楽しく英語をマスター】

ドイツで英語を習ってみる・体験記④【効率いい外国語マスター法】