ドイツからスペインのマドリードへ 観光編③

2018年5月

マドリード観光二日目。

さて、今日は本格的なマドリード観光をする予定。

(初日の様子は観光編①観光編②)

 

当初は、今日と明日の二日間でマドリード観光するつもりでした。

実際には今日が最後の観光日になるとは、朝はまだ予測していませんでした( ̄▽ ̄)。

詳細はマドリードオープン観戦記①

 

まずはホテルでマドリードの朝食

マドリード市内散策に行く前に、まずホテルで腹ごしらえです。

ビュッフェ形式だったのですが、行ってみたら盛り沢山!

種類が多くて一度では食べきれないので、ホテル滞在中に全種類制覇を目標にしました(^^)/。

奥がコーヒーと紅茶。上にあるお好みのコーヒーパットを選んで、機械の中に差し込むと下からコーヒーが出てくる。

最初の日は仕組みがわからず、カップからお湯だけ出してしまったw。

エスプレッソより普通のコーヒーが好みなので、毎日エスプレッソ以外をチョイス。

 

手前の細長いガラスに入っているのは、デザートかと思いきや、甘いともしょっぱいとも言えない不思議なお味。色が3種類くらいある。

最初の日に一つ選んで食べたけど、これはそれっきり。結局何だったのか今でもわからない。

 

ヨーグルトと果物、ジュースにシリアル。

ココナッツヨーグルトとか、南国っぽい果物を絞ったジュースをお試し。なかなか美味しい。

サラダとハムやチーズ。ハムとチーズは流石に種類がたくさん。

卵料理いろいろと、ソーセージやキノコ料理。

ここでも昨日同様、右手前のスパニッシュオムレツ”の美味しいこと。

こんなに地味な見た目だというのに、どうしてこんなに美味しいのか。

スペインのB級グルメとして私の一押です!(^^)/

 

色々なパンたち。上のほうはパンというよりケーキかな。朝食用というよりもはやデザート系。

 

毎日微妙に種類が変わる。

この日とは別の日の、ハムとチーズ。

微妙に種類が違う。

 

おいしく頂き満足。

さて、観光だ。

 

市内観光。まずは、マドリード王宮へ向かう

さてさて、まずは昨日下見した、madrid_palastへ。

ホテルから歩いて5分。

チケットは買ってないけど、昨日の様子だったらすぐ中に入れるでしょう。。。

 

と思っていたら・・・

あれあれ?

なんか王宮に近づくにつれ、すごい人だかりなんですが一体どうしたことでしょう?

特に王宮の前の人がすごい。

みんな中に入るチケットを買うために並んでいるの???

 

・・・にしては、みんな立ち止まって前に進む気配があまりないけど・・・

と思って、待っている人に聞いてみたら、


今日は、ここでこれから衛兵の交代式があるんだよ。

 

とのこと。

あー、なるほど、それでこの人だかりかあ。

 

でもこの様子だと中に入るのも時間がかかりそう。。。

ということで、もうはや予定変更。

 

fujiko

fujiko

王宮は後回しにして、向かい側にある、アルムデナ大聖堂から見学しよう!

 

アルムデナ大聖堂

 

昨日王宮の向かいからみた、アルムデナ大聖堂。

 

今日は裏から。こちら側が入り口。

扉の横にはこのような装飾が。

中に入るとこんな感じで全体が見渡せる。

圧倒される。

 

右側や左側に見える様子も素敵です。

近くでみると更に迫力がある。

階段を上まで登ったところ。

 

天井。

外より、内側がより綺麗でした。

見られて良かったです。

入場は無料なんですが、寄付を募っているので、お礼に心ばかり募金しました。

 

大聖堂から外に出ると、王宮では衛兵交代式の最中でした。

ちょっとだけ、脇から見学。

 

 

でもまだまだ人だかりがすごかったので、次はサン・イシドロ教会へ向かいます。

行きたい観光名所、全部徒歩で行けちゃうって、コンパクトでいいなー。

 

サンイシドロ教会、昨日は外観だけ見たのですが、今日は見学する予定。

でもなんだか、入り口が見つかりにくい。

というか、逆に、入り口に入ろうとしたら、立っている人に、”ここはダメダメ”、みたいな感じでシャットアウト。

fujiko

fujiko
???入口ここじゃないのかな?

 

一周周りをぐるっと廻ったけど、やっぱり入り口はここみたい。

中に入って受付の人に質問すると、


今から始まるガイドツアーはスペイン語しかやってない。

英語のガイドツアーは16時からだから、その時また来て。

 

みたいな事を言う。

fujiko

fujiko

別にガイドツアーはいらないから、今見学させてくれませんか?

 


君たちがガイドを必要しないことは、わかっている。

でもガイドツアーは見学する時の義務だから。

 

みたいな事を言う。

 

んー?中を見学するのにどうしてもガイドツアーつけないといけないの?

16時まで待つのもちょっと面倒だなあ・・・

 

ということで、サンイシドロ教会の見学はあきらめ外にでる。

でも、なんか様子が変だったなあ・・・

 

今思うと、果たしてあれは本当にサンイシドロ教会だったのか???

行ってる時はそうだと信じていたんだけど。。。

ちなみにこの建物です。

写真のすぐ左側にある入り口から入ったんですが・・・

fujiko

fujiko

謎(*‘∀‘)

 

まあ、入れないものは仕方がない。

 

friend

friend

だったら、お昼も近いので、昨日目をつけておいたサンイシドロ教会の近くのレストランに行ってみよう!

 

しかし、残念ながらとっても混んでいて、予約がない人は入れずこれまた玉砕(*_*)。。。

 

まあ、これはこれで仕方がない。

それでなんとなく、近所をぶらぶら散歩していると、キオスクのような小さいお土産屋さんでかわいいタイルを発見(^^♪!

実は何を隠そう私は結構タイル好き。

特に、ポルトガルやスペインの壁に見られるタイルが大好き。

どこから来るんでしょうね、ああいうセンス。

 

これまでも素敵なタイルの建物を写真に撮ったり

素敵なタイル模様のマグネットを自分のお土産に買ったり

小さなタイルグッズをひそかに集めていたのですが、

今回はタイルアルファベット”を見つけてしまいました。

 

しかもかわいい枠に入れられて飾られています。

 

fujiko

fujiko

これってレストランの表札なんかに使うのかなあ?

あ、ひょっとしたらこれで、自分の”タイル表札”ができるって事???

 

いやー、気が付いたらもう自分の名前のアルファベットを手に取っていました(*^^*)。

一文字2ユーロとかそれくらい。もう“my表札”作る気満々w。

 

ウキウキして購入して店を出た後、ふと思う。

 

fujiko

fujiko

あ、でもアルファベットだけ買っても、飾るのが大変だ。

ちょうどピッタリあう枠を探すのも大変・・・

店にあった枠って、どこで買えるんだろう。。。

 

もう一度友達に外で待ってもらって、お土産屋さんに戻る。

お店の人に話したら、なんとレジの下から、枠を出してくれた!

 

しかもアルファベットの数とか、並びとかいろいろ聞いてくれて、その場で

ペンチを出してきて、枠にアルファベットを入れてくれた。

 

fujiko-happy

fujiko-happy

やったー、これで表札完成!

 

その場でぐるぐる巻きにしてくれたので、ドイツに戻るまでそのままの状態でしっかり保管。

無事ドイツに持って来た後、初めてぐるぐる巻きから解放しました。

 

 

表札だけど、もったいなくて外には飾れません。

一番目立つところを陣どっています(*^^*)。

 

 

まあ、こういう予想外も旅の一つ。

その後、これまたすぐ近くにある、スペイン広場に行ってみることしました。

 

スペイン広場へ

 

スペイン広場は市民の憩いの場らしい。

緑も多いしね。

観光客に人気なのは、中央にある、スペインを代表する作家セルバンテスのモニュメント。

そして、1605年に書かれた、”ドンキホーテ”で有名な主人公ドン・キホーテと、その従者であるサンチョ・パンサの像。

一枚パチリ。

 

マドリードのおいしい昼食の時間です

歩いているうちに、そろそろお腹がすいてきました。

 

先ほど目をつけていたレストランに入れなかったので、夕食の候補になっていたレストランにお昼に行ってみることに。

 

住所を調べたら、なんと、先ほどタイル表札を買ったお土産屋さんの隣だった!

びっくり。

 

このレストランは、マドリードに来たことのある人がお勧めしてくれたレストラン、

“La Mi Venta”

 

とても混んでいたから、入れるかなーと心配したけれど、入れてくれた!

 

一歩中に入った瞬間、これは当たりだと思いました。

 

なんとも素敵な内装。

お味も期待できそう。

 

まずは外せない、ビールとイベリコ豚の生ハムと、チーズ。

期待通りのおいしさ。

頼みたいものがたくさんあるけれど、二人では限界が。。。

 

厳選なチョイスの結果・・・

ここはお肉がおいしいということで、肉料理を一品。

もう盛り付けからして素敵。

肉だけではなく、付け合わせも含め、素材も味付けも、全部美味しい!

食べ物がおいしいと、どうしてこう幸せなんだろう。

飲み物をビールから白ワインにチェンジして・・・

メインディッシュのパエリア!

期待通りのおいしさ!

やっぱりパエリアは断然シーフードです。

 

かなり多かったけど、鉄壁の胃を持つ私たちはもちろん完食。

あー、もう少し人数が多かったら、もっとたくさん美味しそうなものを試せたのに。。。

デザートはパスして、再び腹ごなしに散歩と観光の続き...

 

をしようかとも思ったのだけれど、この辺で急遽今日入ってきた情報、

マドリードオープンテニス、一回戦の錦織の相手がジョコビッチ、しかも試合が明日の日曜日かもしれない、という情報が気になりだす。

状況によっては、明日の予定が変更になるかもしれないので、いったんホテルに戻ることにする。

何が起こったかはマドリードオープンテニス観戦記①で

 

午後からの観光は、観光編④へ続く。。。

 

実用ドイツ語教材

当ブログの人気記事「ドイツ語会話で必要な文法はこれだけでいい!」を改良し、わかりやすくまとめました。

テキスト部分と学習ノートの2部にわけ、例文も盛りだくさんです。

最短で効率よく実用ドイツ語をマスターするために、ぜひお役立てください。

 

ドイツ語会話に最低限必要な4つの文法教えます ドイツ在住・留学、実用ドイツ語会話を今すぐ身に着けたい方へ

オプションで、テキストに関する質問、その他ドイツ生活に関する質問も受け付けています。

 

 

その他教材全一覧はこちらへ。

 

その他、ドイツ語やドイツ生活に関するご希望テキストがあればリクエストを受け付けます。

お気軽にメッセージをお寄せ下さい。

メッセージはこちらへ

ハイデルベルク大学修士卒業・ハンブルクの企業で代表を務め、社内ベンチャーで異業種起業をして繁盛店にする。

記事執筆・翻訳通訳・ドイツ語個人レッスン経験あり。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

マドリードオープンテニス 観戦記⑦

ドイツからスペインのマドリードへ 観光編②

ドイツ国際オープンテニス2020年【準決勝第1試合】

フレンチオープンテニス観戦記④【パリ市内観光】

ドイツのハレで2019年テニス観戦②【準決勝第1試合】

ハイデルベルクの旧市街【おすすめ一日観光】