北ドイツにある世界遺産の町【リューベック】

北ドイツのハンブルクから電車で45分くらいの位置にあるリューベック。

ハンブルク同様、かつてハンザ都市として栄えた町です。

 

中世時代の建物がたくさん残っていて、町全体が世界遺産に指定されています。

 

実はこの町では、毎年スカンジナビア映画の映画祭が行われているそうです。

(私は全然知りませんでした)

 

今回は、その映画祭を見にマインツからリューベックに来ていた友人、

 

(南ドイツのマインツもドームと教会で有名な町。

ドイツでシャガールが唯一残した作品である、青のステンドグラスは本当にきれいで一見の価値あり!)

 

を訪ねにリューベックに行きました。

 

とてもきれいな町だったので、今回はその様子をご紹介します。

 

リューベックまでハンブルクからドイツバーンで約45分

ハンブルク中央駅からリューベックに向けて出発です。

いいお天気になりそうで嬉しい。

 

同じドイツバーンでも、遠くにいくICEとは違って近郊列車のRBは赤い車体です。

 

2階建てなので、2階に乗り込みます。

社内から、プラットホームの行き先を表す看板が同じ目線で見られます。

 

電車は5分遅れくらいでリューベックに出発。

リューベックまでは約45分の列車の旅。

 

持ってきた本をちょこっと読んだり、外の景色を見たりしていたらあっという間です。

 

リューベック到着!

先に到着していた友人と、ここで合流しました。

 

会うのは3年ぶりくらいかな。

しかし、昨日の今日のように話が盛り上がります。

 

リューベック中央駅から徒歩で旧市街へ

リューベック中央駅から徒歩でリューベック市内へ向かいます。

旧市街への入り口ともいえる、ホルステン門がみえます。

 

このレンガ造りの重厚な建物が、リューベックの特徴で、旧市街のありとあらゆるところで見られます。

 

川からの景色もきれいです。

 

ここから旧市街に入ります。

上の写真は、先ほどのホルステン門の裏側。

 

リューベックはマジパン発祥の地【老舗のニーダーエッガー】

リューベックは実は、知る人ぞ知るマジパンの発祥の地。

マジパンて、日本人にはあまりなじみがないですが、苦手な人も多いと思います。

 

実は、私も普段はマジパンはほとんど食べません。

 

しかし、、、

ドイツ人の友人

ドイツ人の友人
いや、それは本当に美味しいマジパンを知らないからだって。

本物のマジパン絶対一回試してみて!

と、ドイツ人にはよく言われるのです。

 

くしくもリューベックの町の中心には、1806年から営業している、マジパンの老舗【ニーダーエッガー】があります。

 

 

マルクト広場の近くのブライテストリートにあって、旧市街を歩いていたら知らないうちにこの通りを通っているくらいくらいです。

お店の前に人もたくさんいて、賑やかです。

 

 

明るい店内とデコレーションは、見ているだけでも楽しいです。

ケーキもチョコレートも全部マジパンだとは思えない種類の多さ。

 

スーパーでは買えない品ぞろえ。

fujiko

fujiko
ここでマジパン試さないでどこで試す!

 

ということで、吟味して買ったマジパンはこちら。

小さいマジパンには、リューベックの建物が印刷されています。

fujiko

fujiko
さてさて、どんな味がするかなあ。

 

ドイツ最古の養老院【精霊養老院】

リューベックの旧市街はこじんまりしているので、全部徒歩で回れます。

旧市街を入るところにあるインフォメーションでもらった地図です。

これを見ながらてくてく歩きます。

 

市庁舎前。

こちらも昔ながらのレンガの建物。

今はレストランになっています。

 

こちらはドイツで一番古くに建てられた養老院で、聖霊養老院と呼ばれています。

裕福層が貧しい人たちのために立てた病院を兼ねた福祉施設で、なんと1280年代に建てられました。

 

そして、今でも老人ホームとして使用されているのです。

 

中に入ってみたところ、ラッキーなことに今週いっぱい催し物をやっていました。

手作り品が並んだバザーのようです。

 

建物の美しさと色とりどりのバザー商品が相まって、一段と綺麗に見えました。

 

 

お客さんもたくさん来ています。

 

それほど大きいわけではないのですが、ゆったりしたなんとも言えないいい雰囲気が漂っています。

スタンドグラスもとてもきれい。

 

地下に行くと、これまたバザー用の手作りケーキとコーヒーがありました。

ケーキが一つ1.5ユーロ、コーヒーがいっぱい1ユーロのお安さ。

 

雰囲気もよかったので、すっかりここでくつろいで友人と結構長いこと話し込んでしまいました。

friend

friend
私たちがここでは一番若いね~。

 

更に散策、そしてちょこっと買い物

 

精霊養老院を出て、更にメイン通りを散歩して、他の教会も見学に。

 

本当にたくさんあって、全部きれいなんですが、時には外見が似ていて、もうすでに見たのか見てないのかわからなくなることもwww

 

一つ誤算だったのは、教会の見学時間が全部16時までだったこと。

精霊養老院から出たのが、ちょうど16時を過ぎたところで、残念ながら他の建物の中の見学は一つもできませんでした・・・

 

fujiko

fujiko
あららー、見学16時までなんだったら、もうちょっと早く外に出れば良かったかもしれないねー。
friend

friend
そうだね。。。

でもまあ、一番見たかった精霊養老院見れたし、催し物も楽しかったからよしとしよう!

 

気を取り直して、散歩の続き。

教会やレンガの建物だけではなく、町全体の建物に中世感が残っていて、ただ歩いているだけでもちょっと浮かれます。

チェーン店だけではなく、リューベックならではのお店もあり、一つ可愛い寝具屋さんを発見。

fujiko

fujiko
あー、クッション可愛い。

ちょうど一つ欲しかったんだよね。

しかも安い!

friend

friend
私は目覚まし時計欲しかったの。

これレトロでかわいい!

 

というわけで、ついつい買い物してしまいました。

でもクッション12ユーロ、レトロ目覚まし時計は6.5ユーロというリーズナブルなお値段。

大満足の買い物です。

 

friend

friend
あー、そろそろ時間だから、駅まで送るよ。
fujiko

fujiko
うん、楽しかったよー。

また会おうね。

 

映画祭目的の友人は今日はリューベックに宿泊で、私はハンブルクに帰ります。

ホルステン門の夜バージョン。

リューベックからハンブルクへ

リューベックの中央駅に到着しました。

 

ここで友人とはお別れです。

でも、また近いうちに会える気がします。

 

駅からホームへ。

なんか、誰もいなくて、すがすがしいまでにまっすぐした駅です。

まるで一瞬だけ、この世に一人だけになった気分を味わえます。

 

外は真っ暗。

電車では爆睡してしまい、気が付いたらハンブルクに到着していました。

 

これにて、リューベックの小旅行は終了です。

 

おまけ: 買ったマジパン食べてみたよ

翌日、リューベックで買ったマジパンを食べました。

 

fujiko

fujiko

おー、しっとりしていて意外にも(失礼?)うまいじゃないか!

 

果たしてここだから特別美味しかったのか、実はマジパン全般が美味しいのか・・・?

実用ドイツ語教材

当ブログで一番人気の「ドイツ語会話で必要な文法はこれだけでいい!」を改良し、わかりやすくまとめました。

テキスト部分と学習ノートの2部にわけ、例文も盛りだくさんです。

最短で効率よく実用ドイツ語をマスターするために、ぜひお役立てください。

 

ドイツ語会話に最低限必要な4つの文法教えます ドイツ在住・留学、実用ドイツ語会話を今すぐ身に着けたい方へ

オプションで、テキストに関する質問、その他ドイツ生活に関する質問も受け付けています。

 

 

こちらのバージョンではテキストと一緒に一か月無料で質問を受け付けます。

最短最速で実用ドイツ語会話を学ぶために必要な文法はこれだけ

 

 

その他教材全一覧はこちらへ。

 

その他、ドイツ語やドイツ生活に関するご希望テキストがあればリクエストを受け付けます。

お気軽にメッセージをお寄せ下さい。

メッセージはこちらへ

ハイデルベルク大学修士卒業・ハンブルクの企業で代表を務め、社内ベンチャーで異業種起業をして繁盛店にする。

記事執筆・翻訳通訳・ドイツ語個人レッスン経験あり。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ドイツのベルリンへ再訪③―何度行っても奥が深い

ドイツからスペインのマドリードへ 観光編③

ハンブルクのジャーマンオープンテニス決勝戦に行ってきた!

ドイツライン川クルーズと古城めぐり個人旅①

ハンブルクのエルプフィルハーモニーでコンサート

ドイツからスペインのマドリードへ 観光編④

ヨーロッパ圏WiFiルーター,