ドイツからルクセンブルク【クリスマスマーケット】①計画編

2019年11月です。

 

冬時間も始まり、日が暮れるのが早くなりました。

寒くて夜の長い冬が始まるドイツでお楽しみといえば・・・

 

そう、クリスマスマーケットです。

2018年12月 一泊二日でベルリンに行ってきました。 今回の目的はベルリン在住の友人に会うことと、何と言ってもクリスマスマーケット...

 

お気に入りのシュツッツガルトを始め、ドイツにはチュービンゲン、ハンブルク、ハイデルベルク、ベルリン、デュッセルドルフなどなど楽しいクリスマスマーケットがたくさんあります。

それももちろんいいけれど、クリスマスマーケットはドイツだけのお楽しみではありません。

隣国に行くとドイツとはまた一味違う雰囲気が楽しめます。

以前ドイツとの国境近くのフランスのクリスマスマーケットに行ったとき、ドイツのほんのすぐ近所なのに、ドイツとはまた違うフランスらしいお菓子やおしゃれな小物などが売られていてワクワクしたのを覚えています。

 

というわけで、今回はルクセンブルクのクリスマスマーケットに行ってみることにしました。

 

もともとルクセンブルクは一度行きたいと思っていた街です。

せっかく行くのであれば一挙両得クリスマスマーケットに時期に合わせました。

 

ヨーロッパの真ん中に位置するドイツ。

ここから他のヨーロッパ諸国に旅行に行くのは比較的簡単です。

 

約20年のドイツ生活の中で私もヨーロッパ諸国を色々旅行しました。

おかげで計画も気軽に立てられるようになりました。

 

今回はルクセンブルクの街とクリスマスマーケットの様子をお伝えします。

 

そしてこの旅行を例に、私のヨーロッパ旅行の計画の仕方もご紹介します。

ヨーロッパ旅行をする方の参考になれば幸いです。

 

一体どんな旅になるのか楽しみです。

 

デュッセルドルフからルクセンブルクへ旅程計画

行くとは決めたものの、イメージ先行で実はルクセンブルクに関する予備知識があまりないので、まずはネット検索でルクセンブルクの見どころや行き方のチェックから始めます。

 

小さい町ですし、デュッセルドルフからなら1泊でいいかな、とも思いましたがクリスマスマーケットもあるしせっかくなので2泊のプラン。

 

治安はよし、物価はドイツより多少高めのようですが、インターネットで中央駅の近くのホテルを予約

予算は国にもよりますし旅行の人数にもよりますが、ヨーロッパなら私は大体1泊100ユーロ前後で考えます。

 

ブッキングコムでザクっと検索して場所と口コミと価格と条件を見て良さそうなところを予約します。

 

大抵はネットで予約して自動メールで予約の確認が来てそれでおわりなのですが、今回はホテル側からメールがきました。

2度以下のような簡単なやりとりがありました。

・夜11時までにチェックインしないとレセプションが閉まるので何時にチェックインできるかの問い合わせ。

→昼12時半にルクセンブルクに到着すると返事。

・チェックインは15時以降だが、なるべく早く準備できるようにベストをつくす。

→大した問題じゃない、了解しました、と返事。

ルクセンブルクは公用語はドイツ語と聞いていましたが、やりとりは英語でした。

 

私にとってはドイツ語の方が楽ですが、これくらいのやりとりは英語でも問題ないのでそのまま英語でやりとりを続けました(英語を勉強中の身としてはよい練習です)。

 

 

ホテルを確保した後はドイツバーンで電車を予約

いくつかの行き方がありますが、今回はデュッセルドルフから3回乗り換えて約4時間半、12時半くらいに到着の電車を選びました。

 

値段は午後3時頃に到着の電車ですとなんと約20ユーロととてもリーズナブルでしたが、せっかくなのでちょっと早めに、と思い12時半の電車に。

チケットの価格は約60ユーロ。直前だともっと高いですが、3週間くらい前に予約すればこれくらいで行かれます。

 

格安バスの値段も見てみましたが、バスだと渋滞の可能性もありますし結局ドイツバーンにしました。

 

ルクセンブルクの興味あるところをピックアップ

次のステップは、これまたインターネットでルクセンブルクの見どころをチェック。

こうしている間にだんだん旅気分が盛り上がってきました。

計画段階から旅は始まっているというのは本当ですね。

 

インターネットでおすすめはいくつも出てきますが、もちろん全部行かれるわけではないので、その中から自分が興味を持った場所をチェックします。

 

地理関係はまだあまりわからないので、この時点では実際に行けるか行けないかはそれほど考えずに行きたいと思った場所を適当にピックアップ。

 

 

今回は以下の場所をチェックしました。

  • マルシェ・ド・ノエル (Marche de Noel Luxembourg)
    住所:Place d’Armes, ルクセンブルク クリスマスマーケット
  • ルクセンブルク市 その古い街並みと要塞群 (City of Luxembourg its Old Quarters and Fortifications)
    住所:Luxemburg City, ルクセンブルク
  • エシュテルナッハ旧市街 (Echternach)
    住所:Echternach, ルクセンブルク
    サイト:http://www.echternach-tourist.lu/en
  • ノートルダム大聖堂 (Cathédrale Notre-Dame)
    住所:Rue Notre Dame, 2240 Luxembourg, ルクセンブルグ
    営業時間:10:00〜12:00、14:00〜17:30(日 13:00〜17:30)
    定休日:日曜日の午前、ミサが行われている時間
    料金:無料
    ウェブサイト:http://www.visitluxembourg.com/fr/adresse/misc/cathedrale-notre-dame
  • アドルフ橋 (Pont Adolphe)
    住所:Pont Adolphe, ルクセンブルク
    行き方:「ルクセンブルク中央駅 (Gare Centrale)」からバスで約5分。憲法広場 (Place De La Constitution)から徒歩約4分。
  • ヴィアンデン城 (Vianden Catsle)
    住所:B.P. 26, Vianden L-9422, ルクセンブルク
    料金:大人 6ユーロ、小人 2ユーロ
    営業時間:【1/2~2/28】【11~12月】10:00~16:00
    行き方:「ルクセンブルクセンター駅」からリエージュ方面行きの電車「ETTELBRUCK」で下車。駅前駐車場の向かいのヴィアンデン行きのバスに乗り「Vianden Breck」で下車。
    ウェブサイト:http://www.castle-vianden.lu/

 

果たして実際はこの中のどれくらい行かれるのでしょうか。

実際どこに行くかは一緒に行く人の希望もありますし、もう少し近くなってから決めるとして、しばらく寝かせます。

 

ひとまず準備はこれで終了です。

ヨーロッパ諸国旅行の手順まとめ

行くと決めたら1日あれば計画終了です。

 

もう一度ここに簡単に旅行の手順をまとめます。

  • ネット検索でルクセンブルクの見どころや行き方のチェック(2泊に決定)
  • ブッキングコムでホテル予約(目安1部屋100ユーロ前後)
  • 交通手段を確保(今回はドイツバーンを予約)
  • ネットで見つけたお勧めの中から行きたいところを大雑把にピックアップ(地理関係や交通手段はあまり考えずまずはざっくりピックアップ)

 

ヨーロッパ旅行を検討している方の参考になれば幸いです。

 

今回の旅は外国とはいえ、通貨もユーロですし、飛行機も使わないし、言語も英語だけではなくドイツ語も通じるので、ドイツ国内の旅行計画とほとんど変わりません。

一応パスポートは持っていきますけど。。。

 

さてさて、どんな旅になるのか。

ドイツからルクセンブルクへの旅②に続く・・・

実用ドイツ語教材

当ブログで一番人気の「ドイツ語会話で必要な文法はこれだけでいい!」を改良し、わかりやすくまとめました。

テキスト部分と学習ノートの2部にわけ、例文も盛りだくさんです。

最短で効率よく実用ドイツ語をマスターするために、ぜひお役立てください。

 

ドイツ語会話に最低限必要な4つの文法教えます ドイツ在住・留学、実用ドイツ語会話を今すぐ身に着けたい方へ

オプションで、テキストに関する質問、その他ドイツ生活に関する質問も受け付けています。

 

 

こちらのバージョンではテキストと一緒に一か月無料で質問を受け付けます。

最短最速で実用ドイツ語会話を学ぶために必要な文法はこれだけ

 

 

その他教材全一覧はこちらへ。

 

その他、ドイツ語やドイツ生活に関するご希望テキストがあればリクエストを受け付けます。

お気軽にメッセージをお寄せ下さい。

メッセージはこちらへ

ハイデルベルク大学修士卒業・ハンブルクの企業で代表を務め、社内ベンチャーで異業種起業をして繁盛店にする。

記事執筆・翻訳通訳・ドイツ語個人レッスン経験あり。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

北ドイツにある世界遺産の町【リューベック】

ドイツからドイツバーンでプラハまで行ってみた

フレンチオープンテニス観戦記②【全仏行き方・ジョコ/ティエム死闘観戦】

マドリードオープンテニス 観戦記⑦

ドイツのハレで2019年テニス観戦④【ダブルス準決勝】

ドイツからスペインのマドリードへ 観光編⑥

ヨーロッパ圏WiFiルーター,