もうこれでドイツ語の分離動詞には惑わされません!

ドイツ語の動詞は、実は二つに分かれることがあります。

これを「分離動詞」と言います。

例えば、aufmachen, einsteigen, umziehen などはよく使われる分離動詞です。

 

fujiko-teacher

fujiko-teacher
今回は分離動詞を中心に、ドイツ語の3種類の動詞の形についてご説明します。

 

とは言っても、動詞の歴史など難しいことを説明するわけではありません。

 

3種類の動詞がそれぞれどんな特徴を持っているのか、実際にどんな単語がどのカテゴリーに入るのかを述べていきます。

 

分離しない動詞(スタンダード)とその特徴

分離しない動詞とは、いわゆる初めに思い浮かべるであろう【普通の動詞】です。

例えば、haben, machen, essen, sagen, nehmenなどがそうです。

 

特徴としては、以下の二つがあります:

  • その単語全体で一つの意味を表す
  • 過去分詞をつくる時→【ge+語幹+t】になる(規則変化の場合)

 

student

student
ん?

その単語全体で一つの意味を表す?

それって、どういうことですか?

fujiko-teacher

fujiko-teacher
つまり、その単語を分けても意味がない、ということです。

例えば「つくえ」という単語を”「つ」「く」「え」の三つに分けても意味がわからないですよね。

「つくえ」をそのまま覚えないと意味がない。

student

student
あー、なるほど!
fujiko-teacher

fujiko-teacher
れと同じで、essenを「e」「s」「s」「e」「n」に分けても意味がないということです。

この単語は“essen”全部を覚えて初めて「食べる」という意味を持ちます。

単語を全部覚えないと使えないのです。

student

student
なるほど、よくわかりました!

 

student

student
二つ目の特徴「過去分詞がge+語幹+t」になるというのは、どういうことですか?
fujiko-teacher

fujiko-teacher
ドイツ語の会話で過去形を表すときに、助動詞(haben/sein)と過去分詞を組み合わせるのは知っていますね。
student

student
はい、知っています。

会話では、【助動詞+過去分詞】で過去を表すんですよね。

fujiko-teacher

fujiko-teacher
その通りです。

これらの動詞の過去分詞は、動詞の前にgeをつけて、動詞の語幹、最後にtをつけて作るっていうことです。

student

student
はい、動詞が規則動詞の時には、そのように作ると習いました。

例えば、machenの過去分詞は【ge+mach+t】で”gemacht” ですよね。

でも、それって規則動詞の場合はどの動詞でも同じなんじゃないですか?

fujiko-teacher

fujiko-teacher
お、いい質問ですね。

ところがそうじゃない動詞もあるんですよ。

それがこれから勉強する【分離動詞】や【不分離動詞】なのです。

 

一般動詞の特徴まとめ:

  • その単語全体で一つの意味を表す: “essen” を”e”・”s”・” s “・”e”・” n” に分けても意味がない。
  • 過去分詞をつくる時→【ge+語幹+t】になる(規則変化の場合): machen → gemacht

 

分離動詞とその特徴【ein-,aus-,zu-,um-】などなど

分離動詞とは、その名の通り、二つに分けられる動詞のことです。

aufstehen, einsteigen, umziehenなどはよく使われる分離動詞です。

 

これらの単語はそれぞれ以下の二つの部分から成り立っています。

【aufstehen = auf+stehen】

【aussteigen = aus+steigen】

【umziehen = um+ziehen】

 

auf, aus, umなど、動詞の前についている部分を【接頭辞(せっとうじ)】と呼びます。

意味はそのまま【頭につく言葉】です。

 

分離動詞には、次のような特徴があります:

  • 分離動詞は二つの単語の意味を組み合わせでできている
  • どちらの部分も独立した一つの単語として使える
  • 各パートの意味がわかれば、単語全体を知らなくても意味が推測できる
  • 文の動詞が分離動詞だけの場合、語幹が文の2番目に来て、接頭辞は文末に来る
  • 過去分詞をつくる時→【接頭辞+ge+語幹+t】になる(規則変化の場合)

 

student

student
分離動詞が二つの単語の組み合わせでできているって、どういう意味ですか?
fujiko-teacher

fujiko-teacher
たとえば、aussteigenという分離動詞は、ausとsteigenという二つの単語の組み合わせでてきています。

ausには「外に出る」という意味があって、steigenには「移動する」という意味があります。

”外に出る”と”移動する”を合わせて、aussteigen【(電車などから)降りる】という意味になるのです。

student

student
あー、なるほど。

aus とsteigenの意味を知っていると、aussteigenを知らなくても、何となく意味が想像つくね。

fujiko

fujiko
その通り。

分離動詞は二つの単語の組み合わせになるから、長い単語になることが多いけど、初めて聞く単語でも、意味の推測はつきやすいでしょ。

 

 

fujiko-teacher

fujiko-teacher
さらに、ausは前置詞として、steigenは動詞として単独でも使うことができます。

 

 

student

student
それから、文に分離動詞ひとつしかない場合、語幹が文の2番目に来るのはわかるけど、接頭辞が後ろに来るってどういう意味?

 

fujiko-teacher

fujiko-teacher
分離動詞では、動詞が語幹と接頭辞の二つに分かれるんです。

例えば「起きる」っていう動詞は”aufstehen”という分離動詞なんですが、

「私は起きる」という場合、“stehen”が文の2番目に、接頭辞の”auf”は分かれて文の最後に来るんです。

【Ich stehe auf】という文になります。

 

student

student
えー、面白い!

だから【分離動詞】っていうんだね。

 

 

 

student

student
あと、過去分詞をつくるgeが文の真ん中に来るなんて変わってるね。
fujiko-teacher

fujiko-teacher
そうですね、これもeinとsteigenの二つの単語でできているからできることですね。

例えば、einsteigenの過去分詞は、ein-ge-stiegenとなります。

student

student
あれ?

最後が”t”で終わらないんですか?

fujiko-teacher

fujiko-teacher
そうですね。

これは、steigenという単語が不規則動詞だからです。

steigenの過去分詞がgestiegenなので、分離動詞でもそのまま使います。

student

student
そっか、過去分詞は、分離動詞の後半部分の過去分詞と同じ形になるんだね。
fujiko

fujiko
その通り!

よくできました!

 

分離動詞の特徴まとめ:

  • 分離動詞は二つの単語の意味を組み合わせでできている: aus+steigen
  • どちらの部分も独立した一つの単語として使える: aus (前置詞)/ steigen (動詞)
  • 各パートの意味がわかれば、単語全体を知らなくても意味が推測できる: aus(外に出る)+steigen(移動する) = aussteigen(降りる)
  • 文の動詞が分離動詞だけの場合、語幹が文の2番目、接頭辞は文末に来る: ich stehe auf
  • 過去分詞をつくる時→【接頭辞+ge+語幹+t】になる(規則変化の場合): aussteigen → ausgestiegen (過去分詞は後ろの動詞steigenの変化と同じ)

 

非分離動詞とその特徴【be-,ge-,er-,ver】など

普通の動詞と分離動詞の他にもうひとつ、非分離動詞というのがあります。

 

student

student
非分離動詞?

それって普通の動詞と何が違うの?

 

非分離動詞というのは、分離動詞と同じように単語の前に【接頭辞】がついています。

 

分離動詞と同じように、接頭辞に少しだけ意味が含まれているものもありますが、それほどはっきりした意味ではありません。

 

そして分離動詞と違い、非分離動詞は、接頭辞だけでは一つの独立した単語として存在できません。

bestellen, gefallen, erfahren,verstehenなどはよく使われる非分離動詞です。

 

非分離動詞は次のような特徴があります:

  • 動詞の前の部分に接頭辞がある
  • 接頭辞と後ろの動詞は分けて使えない
  • 過去分詞をつくる時はgeはつかない→接頭辞+語幹+t【bestellt】

 

fujiko-teacher

fujiko-teacher
非分離動詞はずーっと昔は分離動詞のように分けて使われたりしたものが、時とともに接頭辞が独立して使われなくなったり、その動詞が消滅したりなどの歴史的背景があると言われています。

今でも使われている非分離動詞はそれほど多くないので、よく使われている動詞だけ覚えれば大丈夫です。

student

student
非分離動詞の接頭辞の意味ってどんなものですか?
fujiko-teacher

fujiko-teacher
非分離動詞の接頭辞として、代表的なものに、be-,er-,ge-,ver-,などがあります。

分離動詞のように全部の接頭辞に意味があるわけではないですが、be-,やer-, など意味や文法上意味をもっているものもあります。

 

非分離動詞の特徴まとめ:

  • be-: 4格の目的語を持つ。時に目的語をとらない動詞を4格の目的語を取る動詞に変化させる: 例 【】antworten →【】beantworten その他 bezahlen, bestellen, begrüßen
  • er-:  新しいこと・変化・始まりの意味を持つ: 例 【花が咲くblühen】→【花が開花する erblühen 】その他 erfahren, erschaffen, erschließen
  • ge-: gefallen, gehören
  • ver-: verlassen, verstehen vergessen, vermeiden

 

fujiko-teacher

fujiko-teacher
意味はそんなに深く追及しないほうがいいですよー。

追及しだすと、私が大学で勉強した【言語学】という学問になってしまいます。

実用ドイツ語では【ふーん、そんなもんか】で終わらせて、そのまま動詞を覚えるのが得策!

 

3種類の動詞の特徴【まとめ】

今回は、分離動詞と一般動詞、不分離動詞についてご説明しました。

もう一度こちらにすべての動詞の特徴をまとめました。

 

一般動詞の特徴まとめ:

  • その単語全体で一つの意味を表す: “essen” を”e”・”s”・” s “・”e”・” n” に分けても意味がない。
  • 過去分詞をつくる時→【ge+語幹+t】になる(規則変化の場合): machen → gemacht

 

分離動詞の特徴まとめ:

  • 分離動詞は二つの単語の意味を組み合わせでできている: aus+steigen
  • どちらの部分も独立した一つの単語として使える: aus / steigen
  • 各パートの意味がわかれば、単語全体を知らなくても意味が推測できる: aus(外に出る)+steigen(移動する) = aussteigen(降りる)
  • 文の動詞が分離動詞だけの場合、語幹が文の2番目、接頭辞は文末に来る: ich stehe auf
  • 過去分詞をつくる時→【接頭辞+ge+語幹+t】になる(規則変化の場合): aussteigen → ausgestiegen (過去分詞は後ろの動詞steigenの変化と同じ)

 

非分離動詞の特徴まとめ:

  • be-: 目的語をとらない動詞を4格の目的語を取る動詞に変化させるなど、文法的意味を持つ: 例 bestellen, begrüßen, beantworten, bezahlen
  • er-:  新しいこと・変化・始まりの意味を持つ: 例 花が咲くblühen→花が開花する erblühen その他 erfahren, erschaffen, erschließen
  • ge-: gefallen, gehören
  • ver-: verlassen, verstehen vergessen, vermeiden

 

 

fujiko-teacher

fujiko-teacher
最初は【あ~、動詞には三つの種類があるんだなー】、と思ってもらえれば充分です。

それだけでも、後からの伸び方が全然違いますよ。

 

あなたは、友達と会話するときに、どの時制を一番使うと思いますか? 友人と話す会話の内容を考えてみてください。 ...

 

ドイツ語は全ての名詞が、三つの性、つまり女性名詞・男性名詞・中性名詞にわかれています。 確かに、全部の単語をまず三つのうち...
実用ドイツ語教材

当ブログで一番人気の「ドイツ語会話で必要な文法はこれだけでいい!」を改良し、わかりやすくまとめました。

テキスト部分と学習ノートの2部にわけ、例文も盛りだくさんです。

最短で効率よく実用ドイツ語をマスターするために、ぜひお役立てください。

 

ドイツ語会話に最低限必要な4つの文法教えます ドイツ在住・留学、実用ドイツ語会話を今すぐ身に着けたい方へ

オプションで、テキストに関する質問、その他ドイツ生活に関する質問も受け付けています。

 

 

こちらのバージョンではテキストと一緒に一か月無料で質問を受け付けます。

最短最速で実用ドイツ語会話を学ぶために必要な文法はこれだけ

 

 

その他教材全一覧はこちらへ。

 

その他、ドイツ語やドイツ生活に関するご希望テキストがあればリクエストを受け付けます。

お気軽にメッセージをお寄せ下さい。

メッセージはこちらへ

ハイデルベルク大学修士卒業・ハンブルクの企業で代表を務め、社内ベンチャーで異業種起業をして繁盛店にする。

記事執筆・翻訳通訳・ドイツ語個人レッスン経験あり。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ドイツ語で予期しない親切を受けた時使う表現

ドイツ生活であなたも必ず使う・実用ドイツ語【薄く切ってください!】

ドイツで英語を習ってみる・体験記②

ドイツ語会話で使う二つの過去形【sein/haben+過去分詞】

ドイツ語の女性名詞・男性名詞・中性名詞について悩んでいる人がいたら

ドイツで英語を習ってみる・体験記④【効率いい外国語マスター法】

ヨーロッパ圏WiFiルーター,