ドイツ三大美城、天空の城【ホーエンツォレルン城】⑥クリスマスマーケットまで

2019年11月末、ドイツの3大美城の一つである【ホーエンツォレルン城】に行ってきました。

二泊三日の予定で本日が最終日です。

今日の目的は1年に6日間しか開催されないホーエンツォレルン城のクリスマスマーケット!

 

4回の電車の乗り換えの末、1日1本のお城行きのバスを逃した初日。

2019年11月にドイツの3大美城の一つ、ホーエンツォレルン城に行ってきました。 お城の見学、1年に6日しか開催されないクリスマスマーケッ...

 

なんとかお城見学は出来たものの、暗闇で帰り道が見つからないトラブル。

2019年11月ドイツの三大美城の一つで天空の城とも呼ばれる【ホーエンツォレルン城】に行ってきました。 ルクセンブルクから4回乗り...

 

2日目は夜明け前から雲海ビュースポットと言われるツェラーホルンでホーエンツォレルン城の絶景を堪能。

2019年11月末にドイツの三大美城の一つ、天空の城とも呼ばれるホーエンツォレルン城に行ってきました。 初日は4回の乗り換えの末、1日1本...

帰り道、徒歩でよりによって一番険しい道を選んでしまい遭難危機(?)も無事下山。

 

そして本日は最終日、再びホーエンツォレルン城に行き、クリスマスマーケットを楽しむ予定です。

 

あいにく外は雨模様。

そして相変わらず予想外の出来事が多発しました。

 

ホーエンツォレルン城の旅を決めて一番困ったこと。

 

それはネットで事前に調べても、なかなか情報収集ができないこと。

実際に行ってみないとわからないことがとても多かったのです。

 

今まで数々のヨーロッパ個人旅行をしてきましたが、ここまで情報収集できなかったのは初めてです。

 

個人でホーエンツォレルン城への旅行を考えている方が情報不足で必要のない苦労をしないように、この記事が参考になれば嬉しいです。

 

チェックアウト後徒歩でお城に向かう

朝8時。

ホテルの部屋から眺める空はどんよりしています。

雨の予報当たりそうですが、幸いまだ降ってはいないようです。

 

今日の予定は以下の通りです。

本日の予定:

  • 朝食を食べて10時までにチェックアウト
  • チェックアウト後徒歩でのんびりお城に向かう
  • 14時のクリスマスマーケットオープンまでお城の周りを散策
  • 夕方臨時バスに乗ってヘッヒンゲンの駅に向かう
  • 電車にてデュッセルドルフに戻る

 

まあ、結果的には全然予定通りに行かなかったんですが、この時はそんなこと知る由もありません・・・

 

これも旅のだいご味(100回くらい言ってる気がする)・・・

 

ホテルの朝食バイキング

ホテルの朝食はバイキングでした。

 

典型的なドイツのバイキングでゆっくり楽しむことができました。

昨日は早朝出発で朝食は食べそびれたので、最初で最後のここでの朝食です。

 

朝食後はいったん部屋に戻って、予定通り10時にチェックアウト。

 

アットホームな雰囲気に美味しい食事。

そして窓から眺めるホーエンツォレルン城!

本当に素晴らしいホテルロ―ヴェンでした。

 

もしこちらに旅行を考えている人は本当にお勧めです!

https://www.gasthof-hotel-loewen.de/

 

ホーエンツォレルン城へ―前回暗闇で見逃した道を探す

2日間お世話になったホテルをチェックアウトしてお城に向かいます。

一昨日も徒歩でお城に行きましたが、その時と違うのは旅の荷物を全部持って歩かないといけないこと。

 

ルクセンブルクの旅も含め4泊分の荷物をなるべく軽量化して持ってきたつもりですが、

それでも小さめのスポーツバック一つ多くなった荷物はちょっと負担です。

 

まあ、今日は山道と言ってもなるべく舗装した道を歩く予定なので、なんとかなるでしょう。

一昨日お城に行ったときには最短と思ったのがちょっと違う道を行っていたので、今日はナビを見ながら最短の道を通っていくつもりです。

 

ホテルから山道に向けて出発です。

もうこの道は一昨日と昨日で何度も通っていますから慣れたものです。

 

現在まだ10時。

ネット情報によると、お城自体は10時から開いているようですが、本日クリスマスマーケットが始まるのは14時から。

チェックアウトの関係で10時に出発するしかなかったのですが、14時までまだ4時間もあります。

 

ここからお城までは普通に歩くと1時間弱で着いてしまいます。

今にも降りそうな雨には当たりたくありませんが、急ぐ必要は全くないのでのんびり行くつもりです。

 

おととい間違えた分岐点に到着

しばらく歩くと最初の看板に行き当たります。

ここまでは一昨日も来たところです。

 

赤い●のある場所が現在地。

ここから道が二つに分かれているのですが、前回グーグルナビを確認せずに

左側の太い道が本道だと思ってそちらにいってしまいました。

実は後から発見したのですが、左は最短ルートなく、地元の人が犬の散歩用に使っているような裏道でした。

私たちは一昨日知らずにそちらを通ってお城まで行っていたのでした。

まっすぐ見えているのが二日前に通った道。

タイヤの跡なのか、二つに踏み固めた跡があってしっかりした道に見えます。

 

右側の道が今回行く道です。

これが今回行く道。

先が細くなっていて、ちょっと心細く見えます。

 

ずーっとこの感じで細い道が長く続きます。

そのまままっすぐ歩くと、駐車場に出ました。

Fujiko

Fujiko
あ、何もない駐車場に出た!

ここって、第2駐車場じゃないかな。

 

ここにも看板がありました。

●印をみると確かに駐車場にいるようです。

おとといタクシーを拾った上の駐車場が第1駐車場なので、

やはりここが第2駐車場のようです。

 

駐車場から、今通ってきた道を撮った写真。

こんな風につながっているのですね。

 

広くて何もない駐車場を見渡しているうちに、上に行く近道と思われるものを

見つけました。

ここを登れば、すぐ左に登りの車道があります。

 

たいした登りじゃないと思ってこの道を登る私たち。

しかし、道がとてもぬかるんでいて、4泊分の荷物を持った私は滑ってなかなか

登れません。

しかも雨が降ってるのでぬかるみもひどくなるばかり。

 

「横着しないであっちの平らなところから行けばよかったかな~」とちょっぴり後悔。

でもなんとか友達の手を借りて無事に上に登ることができました。

 

あ、車道の脇にお城に徒歩で行く人用の道があるようです。

看板に沿って遊歩道を歩きます。

 

遊歩道の先にホーエンツォレルン城が見えてきました。

このままお城まで行かれるのかな。。。

第一駐車場に到着

そのままお城に向かう道かと思ったのですが、

しばらく歩くと、今度はまた駐車場にたどり着きました。

これが第一駐車場です。

見覚えのある駐車場。

おととい、暗闇で道に迷った時にこの駐車場までタクシーに来てもらったのです。

ただし、タクシーに来てもらったのはこちら側ではなく駐車場の反対側でした。

これが今通ってきた道。

 

駐車場では、14時から始まるクリスマスマーケットの準備をしています。

ここはまだお城ではなくて駐車場ですが、ここでも色々クリスマス小屋が並ぶようです。

 

こちらの駐車場は第二駐車場のように閑散としておらず、

関係者の車が停まっています。

ここがおとといタクシーを待っていた場所です。

パーキングのマークを眺めながら真っ暗な中をじーっと待っていたのを

思い出します。

タクシーが来たときは【救世主が来た!】と思ったくらいほっとしました。

 

タクシーを待った場所、ということはつまり先日正しい道を見つけられなかった場所でもあります。

 

せっかくここまで来たのですからおととい見つけられなかった道を探してみることに。

おととい見つけられなかった道を難なく発見

目印はこの建物。

おとといは真っ暗の中、この周りをぐるぐる回ったあげく

結局道を見つけられず断念したのでした。

 

おとといこの看板も発見しました。

現在地を●で示している看板なので、いかにもこの近くに道がありそうですよね。

そう思っておとといもこの辺も探したのですが・・・

 

Fujiko

Fujiko
あっ、あった!

 

なんと、今日はあっさり道を発見!

結構広い道です。

看板の左手にありました。

 

思い起こせば確かにここ、おとといもちょっとだけ歩きました。

でもあまりにも真っ暗闇で、ここが道なのか行き止まりなのか、

はたまた先が崖になっているのか、さっぱり見当がつかなかったのです。

 

それで怖くなって戻ってしまいました。

んー、道がわかった今でも暗闇の中では歩く勇気はない・・・

 

【やっぱり太陽は偉大だなあ。。。】としみじみと思いました。

でも道がわかったので二日前の疑問が解けてスッキリ!

 

さあ、これで思い起こすことなくお城に向かえます。。。

 

思いがけないトラブル?

ところが、お城行きの左側の道を行こうとしたら

【通行止め】の赤い標識が道の両側に立っています。

なんだか嫌な予感がします・・・

Fujiko

Fujiko

でも事前情報によるとクリスマスマーケット開始は14時だけど、

ホーエンツォレルン城は10時から開いているはずだしなあ・・・

 

【通行止めなのは車だけで人は通れるのかな???】

なんて思ってお城方面に向かおうとすると、案の定係の人に止められました。

係の人

係の人
お城にはまだ行かれないよ。

クリスマスマーケットは14時からだから。

Fujiko

Fujiko
クリスマスマーケットは14時からでも、お城の開城は10時からじゃないんですか?
係の人

係の人
違うよ。

今クリスマスマーケットの準備をしているからお城も14時まで入れません。

Fujiko

Fujiko
えー、それは知らなかった。

それじゃあ一体どこで時間をつぶせばいいんですか。

この近所にカフェとかありますか?

係の人

係の人
下に降りたところにドメーネっていうレストランがあるよ。

それからその辺にもう一つレストランがあったな、そこでもいいし・・・

Fujiko

Fujiko
え?

下に降りたところ?

全然近くないじゃないですか、そこまで何もないって事ですか?

係の人

係の人
すぐだよ、車で5分くらい。
Fujiko

Fujiko
いや、私たち車持ってないんです。

ここまで歩いてきたんです。

係の人

係の人
えっ、歩いて来たの?

それじゃあ、やっぱりドメーネだよ。

そこから14時になったら、ホーエンツォレルン城行きのバスが出てるから。

 

少しでもお城の近くに何かないかと思ったのですが、どうも他に方法はないようです。

 

 

ただいまの時刻午前11時ちょっと過ぎ。

14時のお城開城までまだ3時間もあります。

 

 

Friend

Friend
あー、あったよ、ドメーネ。

ここから歩いて45分くらいみたいだよ。

Fujiko

Fujiko
Domäne、ああ、確かにここみたいだね。

それにしても、今日はお城も10時じゃなくて14時まで開かないのか・・・

クリスマスマーケットに合わせてるんだね、知らなかったよ。。。

仕方ない、ドメーネ行ってお昼でも食べて14時にバスに乗って戻ってくることにしよう。

 

何にもなくて霧雨まで降っている中、ここで3時間待っていても仕方がありません。

レストランドメーネに向けて歩くことにします。

幸い、帰りはそこから出ているバスでお城に戻ってくることができます。

 

往復徒歩だったらとても億劫だったと思いますが、幸い片道、行くだけならなんとかなるでしょう。

このバス情報は今のがっかり会話の中で唯一とてもありがたい情報でした。

 

何のために歩いて登ってきたのやら、再び徒歩でてくてく降りることにします。

今度は車道に沿って下に降ります。

目指せ【レストラン―ドメーネ/Domäne】

再び第二駐車場まで戻ってきてしまいました。

同じ第二駐車場でも、この道からだと【ホーエンツォレルン城14時開場】の看板が見えます。

さっき第二駐車場から先に進むとき、横着して土手を登って近道したので

この看板を見逃していたのです。。。

 

来るときに私たちが通ったのは【奥の林→右手の土手】

というルートで、こちら側には来ませんでした・・・

 

あー、もうお城からこんなに遠ざかっています。。。

 

ここでナビが車道から外れて右側の林道を指し示しました。

 

レストラン”ドメーネ”に行くにはこちらが近道らしいので、この林道を通ることにします。

葉っぱだらけで気を付けて歩かないと滑りそう。

若干雨も降っているので気を付けて歩きます。

 

まあ、昨日のツェラーホルンに比べたら楽なもんです。

(あの経験をした後だと、たいていの道が楽に感じます。)

しばらく歩くと小さな駐車場に出ました。

車が停まっていたので駐車場といいましたが、

ちょっとした空き地に4-5台の車が停められるスペースがあるだけです。

 

駐車場からみた景色。

ここまで来ると、もう山を完全に下山してしまいました。

ナビによると、レストランドメーネはまだこの先の道をずーっと歩かないといけないようです。

 

何もない道路をてくてく歩くかと思うと「やれやれ」という気持ちが大きいですが、

道中ふと振り返るとお城が見えました。

 

Fujiko

Fujiko
あ、お城に雲がかかってる!

なんか【雲海】みたいじゃない?

 

昨日ツェラーホルンで見られなかった”雲の上に城が浮いて見える”という雲海。

今日の霧雨でお城の下に雲が出て、ちょっと雲海に近い状態になっています。

もちろん雲海は普通上から眺めるものですが、今の状態だとなんとなく下から見上げてもそれっぽい。

Fujiko

Fujiko
この状態が今まで見たお城の中で一番雲海に近いね!

 

歩きに嫌気がさしていたところに、ちょっぴりだけテンション上がりました。

それにしてもこの三日間で、ほぼ360度の角度からホーエンツォレルン城を見たのではないでしょうか。

こんなのん気な旅をしている人、他にいるんだろうか???

ちょっと笑えてしまいます。

 

Fujiko

Fujiko
私たちホーエンツォレルン城のちょっとしたエキスパートになったかもしれないよ。

次に来た時にはなんでもわかってるよね。

もうこの実力を発揮する機会がなさそうなのが残念だなあw

 

こんな景色を眺めつつそれほど意味のない会話をしながら

ドメーネに向けて歩きます。。。

大分歩いてお城が遠くなりました。

 

なんとか下山しないで近くにとどまろうと思ったのに、

これじゃあ完全に完ぺきに下山してしまいました。。。

 

さらにちょっと歩くと幹線道路が二手に分かれました。

私たちはティュービンゲンやシュツッツガルトなどの大都市方面の右方向には行かず、

まっすぐに進みます。

ここら辺まで来ると歩道と車道が分かれて歩きやすくなりました。

その先に幹線道路らしき広い道路と横断歩道を発見。

 

グーグルマップによると、レストランドメーネはこの広い道路の向こう側にあるようです。

 

最初、横断歩道を渡らず手前から広い道路を横断しようとしたら、車専用道路でどうしても向かい側に行けず。

 

手前にホテル兼レストランがあったので一瞬「こっちでお昼食べてもいいかな~」とも

思ったのですが、ちょっとおしゃれでリーズナブル系ではなさそうだったので

初志貫徹で、レストランドメーネを目指します。

こちらがその道を間違えてたどり着いてしまったホテル兼レストラン。

こっちもなかなか良さそうではあったんですけどね。。。

 

気を取り直して横断歩道橋の手前まで戻り、今度は歩道橋を渡ります。

 

渡ったすぐあと、右手の脇に小道を発見、そこから下ります。

そして下に降りたあと、また右手の小道を。

 

それにしてもグーグルナビがなかったらこんなスムーズには絶対いかなかっただろうなあ・・・

技術の進歩は本当に生活の中の行動パターンを変えました。。。

 

右側が今歩道橋から降りてきた道。

下のアスファルトをまっすぐ行くと、

あれ? 行き止まり?

なんか納屋みたいなところに来てしまった・・・

 

でも左に道なりに曲がると、、、

なんだか小さい農場ファームみたいなところに着きました!

Fujiko

Fujiko
あー、着いた!

多分ここだね!

 

探すと、敷地内にレストランドメーネのメニュー発見!

 

やっと到着しました!

時刻は12時10分。

お城を出たのが11時ちょっと過ぎ。

 

写真撮りながらのんびり歩いていたのと、途中ちょっと道を間違えたりしたのもあって、ナビが示したより少し長い1時間強かかりました。

でもお昼にはちょうどいい時間です。

 

しかし、食事の前にまずお城の係員さんが教えてくれたホーエンツォレルン城行きのバス情報を確認しなくちゃ!

 

ここで何か手違いがあって、バスがなかったら大変ですからね。

来て良かったドメーネ。お城行きのバス乗り場も発見!

周りを歩いてみると子供向けの農場体験ファームのように

なっているようです。

駐車場の他に、小動物なども放し飼いにされているのが見えます。

 

ホーエンツォレルン城行きのバス乗り場を探していると・・・

Fujiko

Fujiko
あ、あそこにバスが停まっている!

あの辺じゃない?

 

駐車場の端にありました!

「お城行きのシャトルバス」と書いてある

いかにも臨時で立てた簡易看板を発見。

 

13時から30分ごとにお城に向かって発車するそうです。

 

Fujiko

Fujiko
バス13時から出発だって。

それなら13時ちょっと前にここに戻ってくればいいね。

 

クリスマスマーケット開始は14時からですが、バス出発は13時からということがわかって良かったです。

これでその時間まで安心してドメーネで食事ができます。

 

時刻は12時17分。

13時までそれほど時間はありませんが、ドメーネに向かいます。

 

先ほどのドメーネメニュー。

メニューの他に、トリップアドバイザーのウイナーの表彰もありました。

これはなかなか期待が持てます。

 

内装はいくつかの小部屋に分かれていてなんとなく隠れ家的。

木目調を基調にしたアットホームなよい感じです。

お店は結構混んでいてお店の人もお客さんにひっきりなしに呼ばれて忙しそうでしたが、

みんなニコニコして親切でした。

 

メニューとクリスマスリースかな?

 

メニューを見る前に早速地ビールを頼みました。

さっと出てきて嬉しい。

たくさん歩いたし、美味しかったです。

 

頼んだ料理はこれまたドイツの定番シュニッツェルとドイツ風コロッケ。

それほど時間もないのでざっくりできそうなものを注文しました。

 

南ドイツの人味付けセンス良いのかなあ。。。。

特にコロッケ美味しかったです。

 

レストランは地元の人で賑わっていて「みんなの憩いの場」って感じ。

フレンドリーな雰囲気でよい感じでした。

行ってよかった。

 

でも今日の私たちの目的はホーエンツォレルン城のクリスマスマーケット。

中に入ってからバスの時間まで40分くらいしかないので、さくさく食べました。

 

Fujiko

Fujiko
あー、美味しかった。

そろそろバス停に行こうか。

 

13時ちょっと前、レストランを出てバス停に向かいます。

バス停到着。

ホーエンツォレルン城が見えています。

 

そろそろバスの出発時間なのバスもなければ他に誰もいません。

 

向かいに団体旅行客のバスが停まっていて、彼らも私たちと同じバスでお城に向かうようです。

旅行客のバスの運転手さんに聞いたら、彼らもバスを待っているということで、

やっぱりここで待っていればいいようです。

 

農場ファームの一部なので、バス停の目の前にあるダチョウ(かな?)を見ながらバスを待ちます。

 

Fujiko

Fujiko
あ、バスが来たよ!

 

13時10分ごろ、お城行きのバスがやってきました。

これでやっとクリスマスマーケットに向かえます。

 

ちなみにこのバス代金はホーエンツォレルン城のクリスマスマーケット入場料に含まれている、ということで無料でした。

このバスに乗る人はほぼ100%お城のクリスマスマーケットに行く人なので

入り口で乗車券のチェックもなし。

全員無料で乗れました。

バスでホーエンツォレルン城クリスマスマーケットへ!

駐車場のロータリーからいよいよお城にむけて出発です。

 

今までいたドメーネがあった敷地を横に通り過ぎ、

先ほど徒歩で渡った横断歩道をバスで通り過ぎます。

歩道橋の左がレストランドメーネ、右が最初に間違えて行ったホテル兼レストランです。

さっき目印にした道路標識。

私たちはまっすぐ進みました。

 

そのうちとうとう雨が降ってきました。

窓ガラスに水滴が。

 

そして山は見えどもその上にあるはずのお城は全く見えなくなってしまいました。

本当に天気によって全然景色が変わります。

 

先ほど徒歩で苦労した山道も、バスだと楽々です。

 

本日三度目の第二駐車場。

バスだとうっかりしていたら見逃しそうなほどあっという間に通り過ぎます。

 

そしてついに第一駐車場、終点に着きました。

着いてすぐ、運転手さんが早々にいなくなりました。

ドイツではいつもの事。

運転終ったら仕事も終わりですから。

 

ただいま13時30分。

徒歩で1時間かかったのが、バスだと20分足らずで到着。

文明の利器って素晴らしい!

 

 

朝10時にホテルを出てから3時間半が経っています。

いやー、近くて遠いホーエンツォレルン城・・・

 

ようやっとクリスマスマーケットに行かれます。

始まるのは14時からですが、駐車場には車も増えていて、

先ほど来た時とは打って変わってお客さんがたくさんいます。

 

遠くから来ている旅行客もいますが、地元民も多いようです。

雨も霧もなんのその、みんな楽しみにしている様子が伝わってきます。

 

本日の予定振り返り・教訓

ここまで長い半日でした。。。

本日の教訓は一つだけ。

本日の予定:これまでの結果

  • 朝食を食べて10時までにチェックアウト
  • チェックアウト後徒歩でのんびりお城に向かう
  • 14時のクリスマスマーケットオープンまでお城の周りを散策
  • → 14時までお城に入れない!!!
  •  夕方臨時バスに乗ってヘッヒンゲンの駅に向かう
  • 電車にてデュッセルドルフに戻る

 

クリスマスマーケットオープンの時間までお城には近づけません!

 

 

10時に開いていると思ったお城に入れなかったことで計画がすべて狂いました!

クリスマスマーケットに行くときはくれぐれもご注意下さい。

 

次回はようやっと一年に6日しか開催されないクリスマスマーケットです。

 

続く。。。

2019年11月末、ドイツの3大美城の一つで天空の城とも呼ばれる【ホーエンツォレルン城】に行ってきました。 二泊三日の予定で本日が最終日で...

 

 

実用ドイツ語教材

当ブログで一番人気の「ドイツ語会話で必要な文法はこれだけでいい!」を改良し、わかりやすくまとめました。

テキスト部分と学習ノートの2部にわけ、例文も盛りだくさんです。

最短で効率よく実用ドイツ語をマスターするために、ぜひお役立てください。

 

ドイツ語会話に最低限必要な4つの文法教えます ドイツ在住・留学、実用ドイツ語会話を今すぐ身に着けたい方へ

オプションで、テキストに関する質問、その他ドイツ生活に関する質問も受け付けています。

 

 

こちらのバージョンではテキストと一緒に一か月無料で質問を受け付けます。

最短最速で実用ドイツ語会話を学ぶために必要な文法はこれだけ

 

 

その他教材全一覧はこちらへ。

 

その他、ドイツ語やドイツ生活に関するご希望テキストがあればリクエストを受け付けます。

お気軽にメッセージをお寄せ下さい。

メッセージはこちらへ

ハイデルベルク大学修士卒業・ハンブルクの企業で代表を務め、社内ベンチャーで異業種起業をして繁盛店にする。

記事執筆・翻訳通訳・ドイツ語個人レッスン経験あり。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

マドリードオープン 観戦記③

ドイツのベルリンへ再訪②―何度行っても奥が深い

フレンチオープンテニス観戦記②【全仏行き方・ジョコ/ティエム死闘観戦】

ドイツからスペインのマドリードへ 観光編⑤

ドイツからパリ⑤【フランス人ジャーナリストと一緒にマレ地区散歩】

ドイツ三大美城、天空の城【ホーエンツォレルン城】+【雲海】の旅③お城へ!