ドイツからバルセロナへ小旅行

2017年11月、

ドイツからスペインのバルセロナに、友人と小旅行してきました。

 

バルセロナと言えば、

かの有名なガウディのサグラダファミリアを始め、

素晴らしい建築物がたくさんで楽しみ。

ハンブルク空港でアクシデント

しかし、ハンブルクの空港でいきなりアクシデント。

空港のカウンターで荷物を預けようとしたところ、

 


この航空券では荷物の預け入れはできません、機内持ち込みのみです

と言われてしまいました。

 

幸い三泊四日分の荷物はそう多くはなかったので、私も友人も機内持ち込みに無事変更。

とりあえずは、ほっ。

 

でもどうして?と思いなおしてみると、

 

そういえば・・・

今回の旅行はインターネットの予約サイトを使って、飛行機とホテルを一緒に予約したのでした。

3泊4日で飛行機とホテル込みで一人分300ユーロ程度というお手軽価格だったので、迷わず購入したのですが、

一ページ目に飛行機とホテルの情報が一緒に簡単に載っていて、

飛行機情報少ないなと思ったものの、次ページの詳細情報まで目を通していなかったのです。

多分詳細情報、このチケットは預け入れ荷物ゼロです、って書いてあったんでしょうね。

 

どうりでチケット安いと思ったよ、

できたら一ページ目に全部記載しておいてくれー、

いや、でもまあ私も確認怠ったしな・・・

 

と、気を取り直して、荷物を持ってセキュリティチェックを通ると、

今度は係員に”この荷物は通せません”、とストップがかかったのでした。

 

ん?どうして?

理由は、100ml 以上の液体の機内持ち込み禁止、

処分するか、100ml以下の透明な容器に入れなおせと。

あ、確かに荷物預けるつもりで、化粧品関係いくつか大きいボトルに入れてた。

 

fujiko-problem

fujiko-problem

一つじゃないし、もしここで捨ててしまったら、多分バルセロナで今日中に買いなおせない (◎_◎;)。。。 

 

どうにか持ち込み出来ないか、あせって係員さんと交渉する私。

すると、係員さんが、

 


一回、向こう側に戻って100mlのボトル買って詰め替えしたら?

こっちに戻ってくる時は並ばないでいいから外から合図してよ。

 

と言ってくれたので、

急いで手に詰め替えるべき液体ボトルだけ持って、透明容器散策へ。

 

とはいうものの、100mlの透明容器がなかなか見つからない。

旅行グッズ専門店に行っても見当たらず、店員さんも知らない。

他の専門店も違うし、本屋さんの小物置き場にもない・・・

 

すると本屋さんが、


向こうのスーパーマーケットに行ってみれば?

と、神のご提案。

 

だめもとでスーパーに行くと、空の容器は見当たらないけれど、

中身の入った透明容器を発見。

 

これを買って中身出して入れ替えるか・・・

と中身入り容器をレジに持っていき、念のためレジで聞いてみると、流石お店の人!

 


あ、空の容器あっちにあるよ。     

と、教えてくれました!

 

それでようやく、透明容器をゲット。

 

更に親切なレジの人、


入れ替えだったら隣のトイレでするといいよ。

 

と教えてくれたので、走ってトイレにむかい、

洗面台で容器の入れ替えをしようとしたところ・・・

 

なんと新品なのでストッパー用の輪っかが留まってる。

 

fujiko-problem

fujiko-problem

開かない!(@_@。。。 

 

あ、はさみ!、いや、スーツケースの中に置いてきた、

あそこまでもう一度取りに行ってる時間ない。。。

 

半分あきらめかけた私の隣に、ドイツ人さんが手を洗いにやってきました。

 

fujiko-problem

fujiko-problem

はさみ持ってませんか?

と藁をもすがる気持ちで尋ねる私。

 


あー、ごめんね。持ってないわ。

どうしたの?

 

”これこれこういう事情で・・・”と説明すると、

なんと、そのドイツ人女性、ストッパーを歯で食いちぎって開けてくれました!

うお、ドイツ人の歯、なんて丈夫!

ずうずうしいついでにもう一つのパッケージも彼女に開けてもらう私。

ドイツ人こんな時本当に親切です。

 

fujiko-happy

fujiko-happy

本当に、ありがとう!(≧▽≦) 

 

無事入れ替え終了。色んなドイツ人にお手数掛けてしまった・・・

 

やっとこ無事セキュリティチェックのところに戻ったら、置き去りにしてしまった友達が待っていました。申し訳ない・・・

話を聞いたら友人も100ml以上のものを持っていて止められたそうなんですが、

仕方ないから処分してしまったそうです。

やっとバルセロナ、しかし・・・

飛行機は快適。天気も上々。

無事バルセロナに着き、空港から電車に乗ってホテルへ。

数駅後、次は地下鉄へ乗り換え。

いざ地下鉄に乗り込もうとした時、

 

ん?

なんか違和感。右側なんかくすぐったい?

 

ふと右後ろに振り向くと、後ろから地下鉄に乗ってこようとしている男の人のコートが私のバッグの上にかぶさって、そのコートが私にあたってる。

バッグを自分側に引き寄せて場所を空けてあげると、その人地下鉄に乗らないで下りてった・・・???

 

なんか変・・・

数秒だったから何も起きてないかもしれない。

バックもチャック付きだし・・・

 

何分の一秒か頭の中でぐるぐる考える。

でも地下鉄のドアが閉まる直前、私もとっさに地下鉄から下りてました。

そのままエスカレーター上っていった男に追いついて話しかける。

 

fujiko-angry

fujiko-angry

ちょっとあんた、私のバックから何か取ったでしょ!

 

 

確信はなかったけど、黙ってたって意味ない。

すると、その男、自分の上着の胸ポケットから何か出しました。

 

私の財布!

 

ほんとにあの短い時間でバックのチャック開けて財布盗んでたとは!

 

とりあえずそいつから財布を取り返して、

一瞬安心した私ですが。。。

 

もしかしたら他にも何か盗んでるかもしれない。

 

fujiko-angry

fujiko-angry

このまま無罪放免で逃がすわけにはいかない!

 

エスカレーターの上でにらみ合い。

 

奴は悪びれる様子もなく、ジェスチャーで、


もう全部返したよ。

もういいだろ。

と肩をすくめるしぐさ。

 

その後はスペイン語で何か言い訳。内容はわかんないけど、こういう時言っていることなんて万国共通。

 

fujiko-angry

fujiko-angry

エスカレーター下りたら逃げる気満々に違いない!

 

私もそいつを引き留めて捕まえたくても、

右手にショルダーバック、左手にスーツケース。

スーツケースを手放して、奴を追いかけている間に

もし仲間がいてスーツケース取られたら目も当てられないので手も離せない。

 

それでも改札出て、しばらく追いかけましたが、

結局まんまと逃げられました。

本来だったら警察に連れていくべきところですが・・・

財布は戻ってきたしそこまで深追いするのは得策ではないと判断して、あきらめました。

 

犯人が逃げた後バックの中身をチェックしたら、幸い他の被害はなし。

財布の中身も無事。チャック付きの財布だし、流石にあの数秒で盗んだ財布から現金だけ抜き取る余裕はなかったみたい。

まあ、時間は使ったけど実害なくて幸い・・・

なーんてのん気に思っていたところ、

そこで、はっと気がついたのが!

 

fujiko

fujiko

友達地下鉄に置いてきた!

 

 

あわてて携帯で連絡とって無事に次の駅で合流。

何が起きたかわからずおいてけぼりにされた友達でしたが、事情を説明したところ、

 

friend

friend

地下鉄から下りて正解!、財布戻ってきてよかったね! 

 

ってことで無事に旅続行。

 

旅行のしょっぱなに財布盗まれてたらその後の旅行台無し。

友人にも申し訳ないし、とりあえず財布戻ってきて本当によかった。

というわけで、

 

fujiko-angry

fujiko-angry

バルセロナ、スリには注意です!

 

 

スペインとかスリが多いのは知ってたし、決して油断してるつもりなかったのに、

まさか肩から提げてるバックのチャック開けてまで積極的に盗みを働こうとしているとは。

甘かった。

特にスーツケースを持って両手ふさがっている時は要注意です。

そういうところも見てターゲットにされたんでしょうね。

バルセロナ観光

それはそれとして、二泊三日で訪れた観光地は本当に素晴らしかったです。

事前に入場チケット可能な限り買っていったのも良かったかな。カタルーニャ音楽堂ではオペレッタも見たし。

 カサバトリョ

 

 

 

 

サグラダファミリア

カタルーニャ音楽堂

 

バルセロナ大聖堂

  

グエル公園

  

カサミラ (別名lapedrera)

 

帰る日にホテルの近くだったので歩いて行った、ガウディの初期の名作品であるグエル邸も、中期後期作品とはまた違った重厚さがあり、とてもよかったです。

グエル邸

(インスタにもっといろいろ載っています

食事も行くところみんなおいしい!

一緒に行った友人が一言。

 

friend

friend

食べる前からみんな様子がいいよね。

美味しいってわかる。

 

流石芸術家。いいこと言う(^^)。

 

特定の木の実だけを食べて育つイベリコ豚の生ハムは本当に木の実の味漂う。

スパニッシュオムレツも材料は基本、玉子とジャガイモで簡単なのにとっても美味しい。この材料だったらドイツにもあるはずなのに~。基本、外れなしです。

   

バルセロナ、スリなんかもいたけど、自己防衛あるのみ。

町は文句なく素敵でした。

 

fujiko

fujiko

一度、ぜひお薦めです!(^^)/

fujiko

fujiko

バルセロナについて何か質問があったら、コメント欄にメッセージお願いします(^^♪。

実用ドイツ語教材

当ブログで一番人気の「ドイツ語会話で必要な文法はこれだけでいい!」を改良し、わかりやすくまとめました。

テキスト部分と学習ノートの2部にわけ、例文も盛りだくさんです。

最短で効率よく実用ドイツ語をマスターするために、ぜひお役立てください。

 

ドイツ語会話に最低限必要な4つの文法教えます ドイツ在住・留学、実用ドイツ語会話を今すぐ身に着けたい方へ

オプションで、テキストに関する質問、その他ドイツ生活に関する質問も受け付けています。

 

 

こちらのバージョンではテキストと一緒に一か月無料で質問を受け付けます。

最短最速で実用ドイツ語会話を学ぶために必要な文法はこれだけ

 

 

その他教材全一覧はこちらへ。

 

その他、ドイツ語やドイツ生活に関するご希望テキストがあればリクエストを受け付けます。

お気軽にメッセージをお寄せ下さい。

メッセージはこちらへ

ハイデルベルク大学修士卒業・ハンブルクの企業で代表を務め、社内ベンチャーで異業種起業をして繁盛店にする。

記事執筆・翻訳通訳・ドイツ語個人レッスン経験あり。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

マドリードオープン観戦記⑤

ドイツからパリへ④【凱旋門・シャンゼリゼ通り・パリジェンヌとお散歩】

マドリードオープン 観戦記③

ドイツの中の日本【デュッセルドルフ】

ルーブル美術館後半・ドイツからパリへのミニ旅行③

マドリードオープン観戦記①錦織圭・大坂なおみ・ナダル・ズベレブ兄弟

ヨーロッパ圏WiFiルーター,