マドリードオープンテニス 観戦記⑧

2018年5月9日(水)

マドリードオープンテニス

試合は日曜日まで続きますが、観戦は本日が最終日です

 

(昨日のテニス観戦の様子は観戦記⑥観戦記⑦へ)

昨日のテニス後から本日のテニス前までの様子は観光記⑦へ)

 

午前中は錦織選手が練習していました

昨日、本日のドローを確認して、今日は遅めの出発でいいと判断した私達。

しかし、練習コートの予約をチェックするのを忘れていました。

 

今朝になって、錦織選手が、本日の午前中練習コートを予約していたのを知りました。

 

fujiko-sad

fujiko-sad

うー、気づかなかったよ~(@_@。。。。

 

 

しかし、知った時はもう遅かった・・・

 

fujiko-sad

fujiko-sad

今日もマドリードに滞在していたとは・・・(;_;)

 

知った時、一瞬”今から会場に向かおうか”、と迷った私でしたが、そもそも時間ぎりぎりだったのと、まあ、試合も観戦できたし、練習も私は二度間近で見られたし(ドイツから後半参戦してきたお仲間も一回は見られたし)、ということで。。。

 

fujiko

fujiko

うー、今日の練習観戦できないのは残念だけど・・・

まあ、仕方がないや。

 

くらいの気持ちで諦めたのでした。

 

思えば、日曜日に急遽、困難を乗り越えあれだけのパワーでチケットを取った勢いはどこへやらwww

 

人間慣れてくるもんですね。自分でも驚き。

”初”錦織観戦の時はあれだけ真剣だったのに、最終日はこんなもんです(*‘∀‘)。

 

fujiko

fujiko

次はハレの大会で活躍しているところを見たいです。

鬼門のドイツのハレの”ゲーリーウェーバーオープン”

3年連続棄権を乗り越えて、今年こそ頑張ってください!

 

と、お祈りして終了。

 

本日のメインは、ナダル・ズべレフですが・・・

試合も中盤戦、いよいよ一回戦目を免除されていた、シード選手が登場します。

 

本日のメインイベントは、シード1位と2位の”ナダル””アレクサンダー・ズべレフ”

ナダルの練習は昨日さんざん見て、ズべレフのダブルスも昨日しっかり観戦しましたが、シングルスの試合はまた別物。

ただ、私個人としては、ナダルに関しては、当時まだ無名時代、シュトゥッツガルト(この大会もこじんまりとして結構お勧め)のコートを、テレビカメラの枠に収まりきらないくらいのフットワークで縦横無尽に走り回っていた頃から観戦していた事、

そして、ズべレフの試合もフェデラーに打ち勝った強烈な試合を観戦しているので、お初の錦織選手ほど”何がなんでも感”は少ない。

 

果たしてドローは・・・

5月9日(水)センターコート スケジュール

ジョコビッチ 14時以降

ナダル 16時以降

ズべレフ 最終試合

 

fujiko-sad

fujiko-sad

あー、ズべレフがナイトセッションに来たかー(>_<)

 

幸い、第2コートの試合はなかったけど、ズべレフがナイトセッションに入ってしまいました。

ナイトセッション特別なチケットが必要な試合。

 

しかも昨日は食事のチャンスがなく終わったので、今日は昨日ドイツからの合流組と、夕食の予定を立てていました。。。

 

fujiko-sad

fujiko-sad

ズべレフ、今回はあきらめよう・・・(T_T) 

 

ちょっと残念・・・でも彼ならまたどこかで会えるだろう。

それにしても、ジョコビッチもう2回戦なんだなあ。

fujiko-sad

fujiko-sad

あー、ここで錦織の2回戦があったかもしれないのになあ~(:_;)。。。

 

と、意味のない、”タラレバ”を思いつつ、まだ時間があるので、今日も練習コートから一通り見て回る。

練習コートに一目見てわかる人だかりがあるなー、と思ったら、またもやナダルが練習中。

今日はこれから試合だから、昨日みたいに長時間練習はないだろうけど、三日間とも私が来た時、いつもナダルが練習している。

でも、ナダルは競争率が激しいし、昨日彼の練習は思いっきり観戦したので、今日はスルーで他の選手をみてまわります。

あ、ラオニッチも練習している。

fujiko

fujiko

今回、ラオニッチの遭遇率も多いなあ。

試合を2度観戦したのも今のところラオニッチだけだし。

 

その後、

friend

friend

3番コートに一回も入ったことないから、3番コートに行ってみよう!

 

ということで、3番コートに。

2番コートは有料だけど、3番コート以下は席も決まっておらず、フリー。

ということは、、、

 

fujiko

fujiko

フリー席コートのうち、3番コートが一番ランキング上位選手の、面白そうな試合をやる可能性が高い。

 

スケジュールを見ると、女子で今大会シード2位のウォズニアッキの試合が組まれている。

 

これが今回初の第3コート。そこそこ大きいです。

まだ男子の試合をやっていました。

でも、電光掲示板でスコアを見ると、もうそろそろ終盤。

 

男子の試合終わったあと、お目当てのウォズニアッキの試合です。

 

男子の試合は後ろで見ていましたが、終わって次の試合の準備をしている間に、一番前の席に移動。

friend

friend

せっかく自由席なんだから、前で見なくちゃ。

こんなチャンスはめったにない。

 

サイド側の一番前の席に移動。ちょうど、リターンラインの目の前。

私たちより前にいるのは、線審だけ。

というか、私たちが線審の代わりができるくらい。

普通にスマホカメラでこれだけ撮れる近さ!

この角度でコートが撮れちゃうとか、なかなかないです。

 

fujiko-happy

fujiko-happy

感動~~~(*^▽^*)

 

選手が来ました。

ウォズニアッキと、お相手は・・・キキ・ベルテンスって読むのかな。。。

Kiki Bertens (NED)   vs   C. Wozniacki (DEN) (2)

 

fujiko-happy

fujiko-happy

うわ、選手が近いーーー(≧▽≦)

これは素晴らしい!

 

思えば、普段、男女共同開催の四大大会は別として、観戦に行くのは、ほとんど男子の試合ばかり。

こんなに間近でプロ選手の試合が見られて、しかも女子。

あまりにも近すぎて、コート全部が写真に収まりきらないくらい。

fujiko

fujiko

これは、がっちり見て参考にしなくちゃ!

 

流石プロ、迫力が違います。

インパクトの音が違うし、なにより、いつもちゃんと振り切ってるし。

見てください、ウォズニアッキ選手の振り切りを。

 

クレーでボールが常にネットより高く跳ねるっていうのも、アマチュアにはないこと。

 

一緒にいた友人は、”ガットのテンションきっとものすごく高いよ”っていうけど、私にはわからない。

20年前と比べて、ガットって柔らかく張る傾向になってきてない?

プロってそこらへんどうなんだろう。。。

選手によってものすごく差がありそうだけど。

 

フォアハンドの体の開き方、本当に勢いのある球を打ちたかったら、今まで習ってきたタイミングより、ほんのちょっと早く体を開くこと、、、

それを目の前の選手が実践しているよ。

 

試合前の練習みているだけでも値千金だけど、試合が始まるとさらに迫力が増す。

リターンラインの真横にいると、選手のサービスの様子が一挙手一投足見える。

やっぱりものすごいジャンプしている。だけどもちろんフットフォルトなんてしてない。

  

この、ジャンプ!ほんと、見とれちゃいます。

 

この試合で、間近で撮った動画。各選手のサービスゲームを1ゲームずつ。

これが後から見たら、お宝もの。

friend

friend

これは絶対、いいイメージトレーニングになるよ!

 

というお墨付きをもらったけど、果たして私がこの動画を有効活用できるのか???

 

でも、とにかくよい試合でした。

だけど、予想外だったのは、第2シードのウォズニアッキの試合を見に来たつもりだったのに、相手のキキという選手の方が始終押していて、体重の乗ったいい球を打っていた。

そして、なんと、ウォズニアッキ選手を2-0で退けてしまった!

Kiki Bertens (NED)                 6          6

vs

C. Wozniacki (DEN) (2)          2          2

いやー、乗ってたんですよ、本当に。勢いのあるいい球を打つし、それだけでなく、ドロップショットなんかもいいところで決める。

fujiko

fujiko

いやー、強かったねえ。

始終押してたし、乗ってた。

 

なんて言ってたら、このキキ選手、この先もどんどん勝ち上がって決勝進出!

決勝では負けてしまって、準優勝でしたが、乗っている選手が第2シードを圧倒的に破る試合を間近で見られてとてもラッキーでした(≧▽≦)。

fujiko-happy

fujiko-happy

お宝動画まで撮っちゃったしねーーー(^^♪

 

この試合があまりにも値千金だったので、センターコートでやっているジョコビッチの2回戦、スルーしてました。

friend

friend

ジョコビッチ今、かつての勢いはなくなってきてるし、何より、センターコートに行ったって、こんなに間近で試合みられないもんね。

 

ただ、試合経過だけは追っていたら、今ちょうど頑張って、セットカウント1-1になったらしい。

第3コートの試合は終わったことだし、センターコートに向かう。

これが、センターコートの席から撮った写真。

そりゃあ、試合見れないことはないけれど、さっきの特等席とはやっぱりだいぶん違うよなあ・・・

 

到着したら、ちょうどジョコビッチの試合、3セット目が始まるところでした。

やはり”無敵”時代は過ぎてしまい、球にかつての勢いがない。

錦織との試合だって、決して手も足も出ない感じじゃなかったのに(しつこい(=_=))。。。

 

試合を見ていても、垂直なフォーム。

ぶれがなくて、軸がしっかりしているってことなのかな。

それぞれの選手、本当に特徴があります。

 

結局、ジョコビッチは勢いに乗れず、この試合負けてしまいました。。。

Kyle Edmund (GER)                    6        2       6

vs

Novak Djokovic (SRB)(10)         3        6       3

 

でも、予測できる試合展開だったのが、ちょっと悲しい(;_;)。。。

fujiko-cry

fujiko-cry

もう一度”神”レベル復帰ありえるかなあ・・・(希望)

 

さてさて、次はいよいよナダルの出番です。

登場の時後ろに流れてくる音楽からして、違う。

出てきただけで、ものすごく盛り上がっています。

 

練習中も、何をしても注目されてる感じ。

fujiko

fujiko

さすが、スペインの星だね!

 

今回がナダルの初戦。相手はフランスのモンフィス。

今はノーシード選手だけど、2017年最終ランクは7位だし、そこそこよい選手。

細くてすらっとした選手。193センチある。

 

試合は。。。

ん~~~・・・

序盤はまずまず、互角に3-3くらいまでいく。

ただ、そのあとモンフィス打ちすぎというか、ミスが目立つ。

観客もナダル応援が圧倒的だし・・・

friend

friend

あー、序盤の試合でありがちな展開になっちゃったね。

 

fujiko-sad

fujiko-sad

そうだね・・・まさしく(T_T)

 

Rafael Nadal (ESP)          6            6

vs

Gale Monfils (FRA)          3             1

 

このような、圧倒的な試合結果で終わってしまいました。

ナダルの圧倒的パフォーマンスは観戦できたけど、余裕すぎて、白熱したよい試合だったかと言えば・・・そこまでではなかったなあ。

序盤の試合はこういうことが起こりがち。

試合直後の二人。

観衆は大喜びですが、まだ緒戦ということで、ナダルはインタビューでも落ち着いたもの。

試合後も、軽い感じでコートを去っていきました。

 

大会って、序盤戦・後半戦、それぞれ特徴が違う。

”知っている有名選手のプレイが見たい””好きな選手と個人的に話してみたい””白熱したプレイが見たい””近くで見たい””たくさんの選手が見たい”等々各自希望があると思うので、それを踏まえて、前半戦か後半戦か選ぶと楽しいです。

大雑把に言うと【特定の選手が見たい】のか、それとも【いい試合が見たいのか】に分かれると思います。

どちらかと言うと、前半は体力勝負。後半はゆったりくつろぎ観戦型です。

 

今日もまだ試合は続くけど(ズべレフのナイトセッションもあるけれど(>_<))、今回のテニス観戦はこれにて終了!

マドリードオープンに来たのは初めてでしたが”大会の大きさ””男女同時開催””選手のレベル””試合期間””価格””会場のロケーション”なども含めて、バランスのいい万人に楽しめる大会ではないでしょうか。

お薦めです。

 

これにて、マドリードオープン観戦記終了です。

 

この後の話は、観光編⑧へ続きます。

2018年5月9日(水) 本日のテニスのメインイベント、ナダルの試合も終わりました。 これでテニス観戦も終了です。 (...

 

 

実用ドイツ語教材

当ブログで一番人気の「ドイツ語会話で必要な文法はこれだけでいい!」を改良し、わかりやすくまとめました。

テキスト部分と学習ノートの2部にわけ、例文も盛りだくさんです。

最短で効率よく実用ドイツ語をマスターするために、ぜひお役立てください。

 

ドイツ語会話に最低限必要な4つの文法教えます ドイツ在住・留学、実用ドイツ語会話を今すぐ身に着けたい方へ

オプションで、テキストに関する質問、その他ドイツ生活に関する質問も受け付けています。

 

 

こちらのバージョンではテキストと一緒に一か月無料で質問を受け付けます。

最短最速で実用ドイツ語会話を学ぶために必要な文法はこれだけ

 

 

その他、ドイツ語やドイツ生活に関するご希望テキストがあればリクエストを受け付けます。

お気軽にメッセージをお寄せ下さい。

メッセージはこちらへ

ハイデルベルク大学修士卒業・ハンブルクの企業で代表を務め、社内ベンチャーで異業種起業をして繁盛店にする。

記事執筆・翻訳通訳・ドイツ語個人レッスン経験あり。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ドイツのベルリンへ再訪③―何度行っても奥が深い

【ジャポニスム2018・ルーブル個展・香取慎吾】ドイツからパリへ②

ドイツからドイツバーンでプラハまで行ってみた

マドリードオープン観戦記⑤

ドイツからスペインのマドリードへ 観光編⑧

ドイツのハレで、ゲーリーウェーバーオープンテニス観戦①