ドイツからルクセンブルク④【クリスマスマーケット】

2019年11月末。

 

昨日からルクセンブルクに来ています。

2日目の今日の午前中は欧州100選にも選ばれたローマ時代の「ヴィアンデン城」

に行ってきました。

2019年11月末。 ルクセンブルクに来ています。 一番の目的はクリスマスマーケットだったのですが、初日の昨日はまさかの全店...

 

なかなか見ごたえのあるお城だったのに、私たちの貸し切り状態(!)で

スムーズに見て回ることができました。

 

午後は旧市街に戻って昨日は見られなかったルクセンブルクを観光しようと思います。

 

旧市街城壁の下を歩く

旧市街の城壁の手前にある橋。

ここを渡れば旧市街ですが、今日はその前に昨日から気になっていた橋の下に降りてみようと思います。

 

上から見る景色もいいのですが、下に降りてそこから見る城壁や橋もなかなか見ごたえがありそう。

 

橋の手前に下に降りる道路があるのでそこをてくてく歩きます。

 

半分くらい降りてきたでしょうか。

旧市街への橋が見えます。

 

大分下まで降りてきました。

下は駐車場、そしてジョギングコースなどになっていて、

結構遠くまで行かれそうです。

 

ここから見上げると城壁の外見の曲線がよく見えます。

 

真下まで来ました。

手前に建物が立っているけど、壁から直接つながっているように見える・・・

 

私たちがさっきまでいた橋の上を歩いている人間が小粒に見える。

ほんの15分くらい下に降りてきただけなのにずいぶん見える景色が違います。

 

城壁の上に行く通路のようなものが見えます。

多分ここからそこの道を通って上まで上がれるのかな。

 

ちょこっと散歩道を歩いてみます。

今は色の違う木の葉がたくさんで紅葉のおわりかけって感じだけど、春とか夏とかはまた違う景色が楽しめそう。

どんな感じなのかなー。

 

城壁の間近に来ました。

さっき気になっていた建物と壁の間ですが、本当に直接くっついて建っているように見えます。

城壁と家の屋根どんな風につながっているんだろう・・・

流石に間から雨漏りとかはないと思うけど???

そもそもどうしてあんなに直接くっついて建てたのか???

ちょっと家の中を見てみたい衝動にかられました。

 

城壁下から旧市街のビューポイントへ

城壁下をひととおり見て満足しました。

下から城壁の中まで行かれそうな道を見つけたのでそこから登ってみることにしました。

 

坂道を登って城壁の入り口にたどり着きました。

入り口はこんな風に門になっていました。

 

上に登るとまた昨日とは違った景色が見えました。

 

橋があると景色が一段と映えますね。

 

時間はもう14時。

お腹が空いてきたので美味しそうな地元レストランを探して昼食を食べることにします。

伝統的なルクセンブルクレストラン。

昼食では伝統的なルクセンブルク料理

昨日通ったルクセンブルクの大公宮殿の前を通ります。

今日は衛兵さんが2人いました。

 

ここが目を付けていたレストラン。

良さそうなたたずまいです。

 

14時過ぎたちょっと遅いお昼だけど、

お約束の地ビールと地元ワインで乾杯!

ここの白ワインほんとに美味しいな。

 

とは言っても赤ワインも試したくなり、2杯目はルクセンブルクで初めての赤ワインも試してみました。

料理はルクセンブルクの地元料理とはいえやはりドイツの素材とフランス系ソースの融合に見えます。

やっぱり近所だからそうなるのも当然かな。

味付けがいいから何でもおいしい。

うん、調べて行った甲斐があった!

 

レストランを出たら16時くらいで、もうあたりがちょっと暗くなってきていました。

 

この果物屋さん、なんか美味しそう。。。

御飯も食べて満足したので次はクリスマスマーケットに行ってみます。

今回の旅の目的の大きな目的だったクリスマスマーケットですが、

昨日は思いもかけなかった死亡事故のため、なんと全クリスマスマーケットが閉鎖。

 

いつまで閉鎖かはどこにも情報がなく、今日は果たしてオープンしているのか、行ってみるまでわかりません。

 

クリスマスマーケットと花束

旧市街の中心を歩くと、すぐにクリスマスマーケットを見つけました。

今日はオープンしていました。

昨日とは打って変わって賑やか。

でも、ドイツに比べると比較的穏やかというか、なんというか人の密度が少ない木がしました。

それが先日の死亡事故のせいなのか、それともルクセンブルクの人口が少ないせいなのか、それはよくわかりません。

 

街中のいろんな場所にちょこちょこクリスマスマーケットの小屋が立っているので散歩がてら見て回ります。

 

すると、昨日街中を散策した時には気が付かなかったスケートリンクを見つけました。

Fujiko

Fujiko
あ、スケートリンクがある。

ドイツにもあるけどやっぱりルクセンブルクにもあるんだね。

こんな感じのスケートリンクです。

でも、そこでふと気が付きました。

Fujiko

Fujiko
あ、クリスマスマーケットの子供の死亡事故ってスケートリンクそばの氷像が落ちて起こったって書いてあったけど、もしかして・・・

ここ?

 

そう思って周りを一周すると、たくさんの花束が置いてあるのが見えました。

 

そして先日の死亡事故のお弔いをしている文も・・・

やっぱりここが事故現場でした。

原因になったはずの氷像は跡形もなく、スケートリンクには人もほとんどいません。

オープンになったクリスマスマーケットですが、この部分だけシーンとしていて、

まだクルーズして亡くなった子を供養しているようでした。

 

私もちょっと悲しい気持ちになりました。。。

 

でもせっかく来たのでいろんなクリスマスマーケットをまわります。

旧市街自体がこじんまりしているのでちょっと歩いただけで色々なマーケットを見ることができました。

観覧車があって一番広そうなクリスマスマーケット。

旧市街への橋を渡ってまっすぐのところにあるので昨日も通りましたが、

昨日とは賑やかさが全然違います。

 

やっぱりヨーロッパは黄色い暖かい電灯が多いのです。

ドイツに来た当初は暗く感じたのですが、今では温かみがある暖色の灯りがすごくヨーロッパの建物に合っていていいな、と思います。

 

せっかくクリスマスマーケットが開いていて嬉しかったのですが、

先ほど遅い昼食を食べたばかりでお腹が全く減っていません。

 

クリスマスマーケットはまた夜行く事にして、せっかくなので徒歩でちょこっと遠くへ行ってみようと思います。

ホテルの受付の人が市街地に博物館があるよ、と地図に印をつけてくれていたのでとりあえず、そこを目指すことにしました。

 

徒歩でちょこっと旧市街の外へ

旧市街から出て新市街(っていうのかな?)に向けて出発。

グーグルナビに目的地を入れててくてく歩いていると、大きな近代的な橋にたどり着きました。

振り向くと旧市街の城壁が下の方に見えています。

 

この橋からの景色がなかなか良かったです。

いい感じ。

川と橋のある景色は最強ですね。

 

更にまっすぐ歩いていると、旧市街とは一味違う”新市街”っぽい建物が見えてきました。

ヨーロッパでは大抵の旧市街は昔の景観を残すために背の高いビルを建てるのは禁止されています。

なのでこういう近代的なビルを見ると、新市街に来たなー、と感じます。

 

これも博物館かな。

新しそうできれいな建物。

17時近くになってきて、だんだんあたりが暗くなってきました。

 

大きい自然公園が近くにあって、ちょっと小道が多くなってきて、

ナビに入れた博物館までの道がちょっとわかりにくくなってきました・・・

あともう少しで到着するはずなので、正しいであろう道を選んで歩きます。

 

なんとか目標にしていた博物館に到着しました・・・

しかし何やら嫌な予感が。。。

中の人が何となく閉館作業のために建物を出たり入ったりしている感じです。

時計をみるとすでに16時40分。

どうも17時で閉館の予感。

まああと20分で最後まで見られるわけないし、ヨーロッパではこんな閉館間際に入れてくれるところはないだろう。

一体何しに来たんだ、っていう感じですが、ここにははるばる散歩に来たっていう事で中に入るのは諦めました。。。

途中歩道橋からの景色結構気に入ったし、まあいっか。。。

 

来た道をとぼとぼ戻るともう暗くなってきました。

来るときに見てピカピカで近代的な建物だなー、と思った建物ももうすっかり夜の景色。

 

ここに来て、急に帰りも同じ道をとぼとぼ徒歩で帰るのが疲れてきました。

見ればあちこちのバス停があって、バスも頻繁に走っています。

Fujiko

Fujiko
来るときはバスに乗れるのかもよくわかんなかったけど、帰りだったらどのバスも大抵旧市街通るんじゃない?

適当にバスに乗って旧市街に戻ろうよ。

 

というわけで、バス停名と路線地図を見て旧市街を通りそうなバスを適当に選んで乗りました。

少なくとも逆方向にはいかないから、歩くよりは少しは楽ができます。

今日お城に行くとき1日乗車券を買ったからそれをバスにもそのまま使えます。

 

行くとき通ったのでなんとなく道もわかるし。

周りは暗いし、本当に旧市街に行ってくれるかちょっとドキドキしましたが、

15分から20分で見覚えのある所に来たので下車。

 

これは確か初日に観光したノートルダム大聖堂(のはず…)。

無事に旧市街に戻って来れました。

 

クリスマスマーケット夜再び

クリスマスマーケットは夜がいい、と言われていますがその通り。

イルミネーションが映える夜、寒い中ホットワインを飲みながら見て回るのが楽しいのです。

 

一番目立つ場所にあるクリスマスマーケットに到着。

この前は何度も通りましたが、やっぱり夜は一味違います。

 

旧市街に入って他のクリスマスマーケットも見てみます。

この白い建物、昼間もきれいだと思ったけどライトアップされると更によい感じ。

 

お店の品ぞろえは小物屋さんとか食べ物やドリンクなど、

ドイツのクリスマスマーケットと基本的にはそれほど変わりません。

見て歩くとウキウキしてきます。

死亡事故は残念だったけど、今日オープンしてくれて良かったな、と思いました。

 

こういうこじんまりした子供が遊べるメリーゴーランドもあって、

地元の人が毎日でも気軽に来られる感じです。

 

しかし、クリスマスマーケットを楽しむ前にちょっと寄り道でケーキ屋さんに立ち寄ります。

明日の朝早くドイツに向けて出発するので、その前に明日用の食料を仕入れようという感がえ。

おいしそうなケーキ屋さんへ

んー、この果物屋さんの前何度も通るけど、美味しそう・・・

ホテルに冷蔵庫がなかったので何も買えなくて残念。

 

じゃーん、友達が目を付けていたケーキ屋さんに到着。

すごくおいしそう・・・

でも今食べるならともかく、冷蔵庫のないホテルに持って帰る気がしない。。。

残念ながら私は何も買わず見てるだけ。

友達は明日までもちそうなものをいくつか買っていました。

閉店間際だったので、今のうちに行っておいて良かったです。

 

無事に明日の食料を買えたので、また旧市街を通ってクリスマスマーケットに戻ります。

 

再び夜のクリスマスマーケットへ

大きい観覧車があった一番目立つクリスマスマーケットに戻ってきました。

みんな楽しそうにホットワイン飲んでいます。

でもドイツに比べて夜も静か・・・

わーっと騒ぎになるドイツに比べてルクセンブルクは大人っぽいのかなあ。。。

それとも暗くなったとはいえ、まだ平日の18時前。

これから賑やかになるのかもしれません。

 

私も赤のホットワインを買って飲みました。

やっぱりクリスマスマーケットに来たら、

地元のクリスマスカップでホットワインを楽しまないと。

どのクリスマスマーケットに行っても絶対やります(笑)。

 

そしてホットワイン片手にクリスマスマーケットのお店を見て回る。

売ってるものだけじゃなくて建物とか飾りとかを見て雰囲気を楽しみます。

 

そうやって私たちもしばらく楽しんだ後ホテルに戻ることにします。

明日の朝早くに出発しないといけないのです。

帰り道途中に出てくる建物もみんなきれいです。

なんか、ヨーロッパの綺麗な建物や街並みの中を歩いていると、

それだけでウキウキしてきます。

ドイツに20年住んでいてもそれは変わりません。

なんだかディズニーランドにいるみたいな気分になるのです。

リアルディズニーランドにいるという贅沢な気分。

 

旧市街からの帰り道

旧市街のはずれ、城壁から出る橋にたどり着きました。

クリスマスマーケットの観覧車が遠くに見えます。

 

城塞という名前がピッタリの城壁とその下の崖の景色は絶妙。

普通のカメラでは真っ黒になってしまってその良さが伝えられないのが残念。

 

ちょっとでもきれいに映るように試行錯誤しましたがこれが一番マシなやつ・・・

実物はもっときれいなのでぜひ一度実際に行って実物をみてほしいです。

 

そんなこんなでルクセンブルク旅はほぼ終了です。

こじんまりした中にギューッと魅力が凝縮されていて見学しやすかったです。

大抵の場所には徒歩で行かれるし、人口が少ないせいか、観光名所もゆっくり回れました。

クリスマスシーズンに行ったせいかもしれないですが・・・

夏はもっと賑やかなのかなあ。

夏はまた違った景色が見られそうです。

 

ドイツからルクセンブルクの小旅行まとめ

ドイツから二泊三日のルクセンブルクの全日程を終了しました。

実際行ってみて感じたことをまとめてみます。

ルクセンブルク旅行を検討している方の参考になれば嬉しいです。

旅行プランと実際:

  • マルシェ・ド・ノエル (Marche de Noel Luxembourg)
    住所:Place d’Armes, ルクセンブルク クリスマスマーケット
  • → なんと痛ましい事故によりクローズ
  • → 2日目に無事行かれました。
  • ルクセンブルク市 その古い街並みと要塞群 (City of Luxembourg its Old Quarters and Fortifications)
    住所:Luxemburg City, ルクセンブルク
  • → 街並み素敵でした
  • エシュテルナッハ旧市街 (Echternach)
    住所:Echternach, ルクセンブルク
    サイト:http://www.echternach-tourist.lu/en
  • → こちらも全体の雰囲気がいい
  • ノートルダム大聖堂 (Cathédrale Notre-Dame)
    住所:Rue Notre Dame, 2240 Luxembourg, ルクセンブルグ
    営業時間:10:00〜12:00、14:00〜17:30(日 13:00〜17:30)
    定休日:日曜日の午前、ミサが行われている時間
    料金:無料
    ウェブサイト:http://www.visitluxembourg.com/fr/adresse/misc/cathedrale-notre-dame
  • → 中のステンドグラス、そして静かさが良かったです
  • アドルフ橋 (Pont Adolphe)
    住所:Pont Adolphe, ルクセンブルク
    行き方:「ルクセンブルク中央駅 (Gare Centrale)」からバスで約5分。憲法広場 (Place De La Constitution)から徒歩約4分。
  • → アーチ形の外観がムードある。せっかくなので渡ってみよう。
  • ヴィアンデン城 (Vianden Catsle)
    住所:B.P. 26, Vianden L-9422, ルクセンブルク
    料金:大人 6ユーロ、小人 2ユーロ
    営業時間:【1/2~2/28】【11~12月】10:00~16:00
    行き方:「ルクセンブルクセンター駅」からリエージュ方面行きの電車「ETTELBRUCK」で下車。駅前駐車場の向かいのヴィアンデン行きのバスに乗り「Vianden Breck」で下車。
    ウェブサイト:http://www.castle-vianden.lu/
  • → ローマ時代から残っている欧州100選に選ばれたお城。古代好きの人は必見!
  • → 2日目おまけで旧市街の外も徒歩散策!

 

その他行ってみて気が付いたところ:

  • 英語は問題なく通じるが優先順位 フランス語・ルクセンブルク語→英語→ドイツ語
  • 中央駅から旧市街まで徒歩可能
  • 旧市街全体徒歩観光可能
  • 町全体の雰囲気が世界遺産
  • 食事はドイツの量の多さとフランスの美味しい調理法を兼ね備えた最強説
  • 観光地なのに全体が落ち着いて大人の雰囲気

 

思ったよりコンパクトで行きたいと思ったところはすべて行く事ができました。

 

明日の朝はルクセンブルクからドイツに戻ってリアル天空の城と言われるホーエンツォレルン城に行く予定です。

初日のクリスマスマーケットのクローズ以外はすべてスムーズにいったルクセンブルクと違って、ホーエンツォレルン城の旅はトラブルの連続。

でもとても楽しくて印象に残る旅でした。

 

よろしければそちらもどうぞご覧ください。

2019年11月にドイツの3大美城の一つ、ホーエンツォレルン城に行ってきました。 お城の見学、1年に6日しか開催されないクリスマスマーケッ...

 

実用ドイツ語教材

当ブログで一番人気の「ドイツ語会話で必要な文法はこれだけでいい!」を改良し、わかりやすくまとめました。

テキスト部分と学習ノートの2部にわけ、例文も盛りだくさんです。

最短で効率よく実用ドイツ語をマスターするために、ぜひお役立てください。

 

ドイツ語会話に最低限必要な4つの文法教えます ドイツ在住・留学、実用ドイツ語会話を今すぐ身に着けたい方へ

オプションで、テキストに関する質問、その他ドイツ生活に関する質問も受け付けています。

 

 

こちらのバージョンではテキストと一緒に一か月無料で質問を受け付けます。

最短最速で実用ドイツ語会話を学ぶために必要な文法はこれだけ

 

 

その他教材全一覧はこちらへ。

 

その他、ドイツ語やドイツ生活に関するご希望テキストがあればリクエストを受け付けます。

お気軽にメッセージをお寄せ下さい。

メッセージはこちらへ

ハイデルベルク大学修士卒業・ハンブルクの企業で代表を務め、社内ベンチャーで異業種起業をして繁盛店にする。

記事執筆・翻訳通訳・ドイツ語個人レッスン経験あり。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ハンブルクからICEで行く、ひと味違うベルリン小旅行①

ドイツのハレで2019年テニス観戦②【準決勝第1試合】

ドイツ三大美城、天空の城【ホーエンツォレルン城】⑥クリスマスマーケットまで

ドイツからパリへ④【凱旋門・シャンゼリゼ通り・パリジェンヌとお散歩】

ケルン大聖堂【ミサからライトアップまで】

ハンブルク地元民が楽しめる、ひと味違う、週末ハンブルク満喫プラン!