ドイツ生活であなたも必ず使う・実用ドイツ語【薄く切ってください!】

friend

friend
すき焼き食べたい!

焼肉食べたい!

 

食事は日本人にとって大切なもの。

すき焼き、焼肉、肉じゃが。。。

fujiko

fujiko
美味しそう・・・食べたいな~。

 

しかし、ドイツですき焼きを食べるのはそう簡単ではありません。

 

何故かというと。。。

 

実は、ドイツにはすき焼きや焼き肉で使うような、”薄切りの肉”が存在していないのです。

friend

friend
でも食べたい!

 

今回は、そんなときに使う”簡単実用ドイツ語”をご紹介します。

 

ドイツに存在してない”薄切りの肉”

”すき焼き”に”焼肉”、日本の美味しい食べ物の代表です。

 

ドイツで生活していても、食べたくなるものの一つです。

ドイツにも肉はありますし、作ろうと思ったら普通に作れそうに思えますよね。

 

 

しかし、ここで問題があります。

そう、実はドイツでは肉は売っていますが、”薄切り肉”は売っていないのです。

 

あるのはステーキ用のかたまりの肉か、ひき肉。

鳥肉は骨がついたままの状態で売っています。

 

 

fujiko

fujiko
なんで!?

ドイツ人はステーキしか食べないのか???

friend

friend
でも食べたい。

もうすっかりお腹が”すき焼きモード”になってるよ~!

fujiko

fujiko
よし、お店の人にお願いしよう!

 

肉売り場専用スペースがあるスーパーや、肉の専門店に行けば、店員さんがいます。

 

そこで店員さんに”肉を薄く切って”とお願いするのです。

 

通常はない作業なので、お願いしてもすべてのお店がやってくれるわけではありません。

”そんなのできない”、と断られてしまうこともあります。

 

でもいくつか問い合わせれば、かたまりの肉を薄く切ってくれるお店もあります!

friend

friend
聞いてよかった~!

 

 

それでもドイツですき焼き食べたい

それでは、お店の人にどうやって【肉を薄く切って】と頼めばいいのでしょう。

 

こんなとき使うドイツ語がこちらです。

Dünn schneiden bitte!

デュン シュナイデン ビッテ!

薄く切ってください。

 

ちゃんとした文章を覚える必要はありません。

たった三つの単語を並べるだけで充分です。

 

これで肉を薄く切ってもらえます。

だた、もともと”薄く切る”という概念がないので、切ってもらった肉がちょっと厚めになってしまうことがあります。

 

そのときは”もっと薄く切って下さい”とお願いします。

 

ドイツ語では、このように言います。

切る様子を目の前で見ていた場合

noch dünner bitte! ノッホ デュナー ビッテ! (もっと薄くお願い)

 

最初に、”すごく”薄く切って、と強調する場合

bitte ganz dünn schneiden ビッテ ガンツ デュン シュナイデン (完全に薄く切ってください)

bitte richtig dünn schneiden ビッテ リヒティッヒ デュン シュナイデン (本当に薄く切ってください)

こうやって頼むと、できる限り頑張って薄くしてくれます。

 

 

fujiko

fujiko
肉は、前もって凍らせておかないと、薄く切るのは難しいもんね。

そのために、やってくれるお店でも、事前予約が必要だったり、特別料金を取ることもあるよ。

 

 

スーパーやお肉屋さんで働いている人は、あまり英語ができない人が多いのでドイツ語でお願いしましょう。

その方がやってくれる確率も高いです。

 

friend

friend
“デュン シュナイデン ビッテ!”

ドイツ語で初めて文を覚えたよ!

fujiko

fujiko
さすが、食べ物のことになると違うね!

すき焼きドイツでも食べたいもんね~。

 

 

まとめ【ドイツ語で”肉を薄く切ってください”】

”薄く切ってください”覚えてもらえましたか?

 

言い方をこちらにもう一度まとめます。

Dünn schneiden bitte! デュン シュナイデン ビッテ! (薄く切ってください。)

さらに強調するときはこちら!

切る様子を目の前で見ていた場合

noch dünner bitte! ノッホ デュナー ビッテ! (もっと薄くお願い)

 

最初に、”すごく”薄く切って、と強調する場合

bitte ganz dünn schneiden ビッテ ガンツ デュン シュナイデン (完全に薄く切ってください)

bitte richtig dünn schneiden ビッテ リヒティッヒ デュン シュナイデン (本当に薄く切ってください)

 

fujiko

fujiko
ビッテ/bitte】は文の最初に言っても最後に言っても、どちらでも構いません。

これを暗記すれば、ドイツですき焼き・焼肉が食べられるよ~。

 

ぜひ、試してみてください。これでドイツでも美味しいすき焼きが食べられます。

 

ドイツで生活していると、たまに友達の家に誘われます。 そして逆に家に来てもらうこともあります。 でも、家に行くといってもいろ...

 

実用ドイツ語教材

当ブログで一番人気の「ドイツ語会話で必要な文法はこれだけでいい!」を改良し、わかりやすくまとめました。

テキスト部分と学習ノートの2部にわけ、例文も盛りだくさんです。

最短で効率よく実用ドイツ語をマスターするために、ぜひお役立てください。

 

ドイツ語会話に最低限必要な4つの文法教えます ドイツ在住・留学、実用ドイツ語会話を今すぐ身に着けたい方へ

オプションで、テキストに関する質問、その他ドイツ生活に関する質問も受け付けています。

 

 

こちらのバージョンではテキストと一緒に一か月無料で質問を受け付けます。

最短最速で実用ドイツ語会話を学ぶために必要な文法はこれだけ

 

 

その他、ドイツ語やドイツ生活に関するご希望テキストがあればリクエストを受け付けます。

お気軽にメッセージをお寄せ下さい。

メッセージはこちらへ

ハイデルベルク大学修士卒業・ハンブルクの企業で代表を務め、社内ベンチャーで異業種起業をして繁盛店にする。

記事執筆・翻訳通訳・ドイツ語個人レッスン経験あり。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ドイツ語で言う【この状況に陥っているの私だけ?】

ドイツ語をネイティブの響きに変える実用単語3選【mal・doch・noch】

日常使えるドイツ語・ミニtipp―”zu tun"の使い方

ドイツ語の2つの形容詞【述語的形容詞/付加語的形容詞】

ドイツ語では2つに分かれる【どちらでもいい】の表現

便利に使える実用ドイツ語5選!: 動詞(名詞)+前置詞