マドリードオープン観戦記④

2018年5月7日(月)

マドリードオープン観戦二日目。

(昨日のテニス観戦は観戦記③へ)

2018年5月6日 マドリードオープン観戦記③です。 やっと会場に入れました。 (午前中のアクシデントは観戦記②で) ...

(昨日のテニス後の様子は観光編⑤へ)

 

今日はいよいよ”錦織対ジョコビッチ”の1回戦です。

 

テニス観戦といえば

思えば、日本選手の試合を観戦するのは本当に久しぶりです。

USオープンで杉山選手以来かもしれません。

 

テニス観戦といえば・・・

 

(話はずいぶん前にさかのぼります、しかもちょっと脱線してます。。。)

 

ドイツの名テニス選手”シュテフィ・グラフ”がとっても好きだった私。

2000年にドイツに渡る直前、当時できもしなかったドイツ語で頑張って手紙を書いて、

ある時札幌にグラフのサイン付きのポストカードが2枚届いたはとっても嬉しかったなあ。

 

ドイツに住んでみたいと思ったのは、グラフ好きも関係していたのかも。

(そして青池保子先生の”エロイカより愛をこめて”も確実に関係しているw。”エーベルバッハ”、もちろん行きましたとも(^^)/。)

 

なんでも”きっかけ”ってちょっとしたところから始まるんじゃないかな。

そんな御大層な理由なんてなくても。

 

fujiko-smile

fujiko-smile

”好き”のパワーってすごいなぁ

 

ハイデルベルクに来てからも、グラフが引退会見をしたホテルに行ったり(めちゃくちゃ近かったので)、これまた近郊のグラフの生まれ故郷ブリュールに行って、そこで行われている展示会を見に行ったり(数々のトロフィー、写真・・・今でも展示されてるかな)。

現役時代の試合を見ることはかないませんでしたが、(その時まだ”試合を見に行く”という発想がなかった)東レパンパシフィックでやった、”グラフと伊達公子のエキシビション”は見に行きました。2000年2月だったかな。

とてもエキサイティングな試合で、興奮してみていましたが、どちらを応援するか迷ったのを覚えています。

最後は伊達公子さんが勝ちました。

その後まもなく、伊達公子さんは現役復帰。あの頃きっと真剣にトレーニングを積んでいたのでしょうね。

 

錦織選手について

錦織選手が台頭してからこれまで、何度か試合観戦に行きたいなと思ったのですが、今回まで縁がありませんでした。

一度目に彼の試合観戦に行きたいと思ったのは、言わずと知れた2014年のUSオープンの決勝。

 

準決勝、ジョコビッチに勝った試合は、後半テレビにかじりついて見ており、

 

fujiko

fujiko

明日の決勝、これからニューヨークに飛んだら、観戦できるかな。

 

と、少し本気で検討しました。

 

結局行かなかったのですが、決勝戦は残念ながら負けてしまったので、無理して行かなくてよかった、と思ってしまいました。

fujiko

fujiko

今わざわざアメリカまで飛ばなくても、ヨーロッパでそのうちチャンスがあるだろう。

と思ったのもあります。

 

次に本気で見に行こうと思ったのは、2015年のドイツのハレでの”ゲーリーウェーバーオープン”

ハンブルクから、頑張れば日帰り範囲内。

この大会は、ウインブルドンの前哨戦と言われており、フェデラーがお気に入りとして挙げている大会です

”ロジャーフェデラー”という名前の道があるくらい(^^♪。

確かその年、錦織選手は準決勝くらいまで順調に勝ち進んでおり、このままいくと決勝戦でフェデラーに当たるはずでした

直前までチケットは買っておらず、毎日試合結果をチェックして、決勝戦まで行ったら絶対観戦に行こうと決めていました。

しかし、残念ながら金曜日の夜だったと思いますが、錦織選手は準決勝を前に負傷で棄権を発表。

 

負傷はさほどひどくはないようでしたが、棄権は予想していなかったので結構ショックでした・・・

 

ハレ行きも迷ったのですが、その当時、まだフェデラーの試合を見たことがなかった事、当時の様子から、そろそろ引退も近いかと思われたので、フェデラーの試合をみに、決勝戦のチケットを購入しました。

決勝のフェデラーはかっこよかったです。

2015年当時、かつてのダントツぶりはなかったものの、ここぞという時のプレーが素晴らしい。

切り替えスイッチ確実に持っていて、危なげなく優勝しました。

 

2016年。ハレのゲーリーウェーバーオープン。

fujiko

fujiko

今年こそは、錦織観戦!

と思い、今回は前もって準決勝と決勝戦のチケットを購入しましたが、またしても”途中棄権!”

準決勝は素晴らしい試合でしたけど、、、錦織選手見られなくても(:_;)。

 

当時まだ10代だった、ドイツのハンブルク出身のアレクサンダー・ズべレブ”がなんと、フェデラーを破って決勝進出!

恐れを知らないパワフルなプレーで、まさしく”新星が現れた!”って感じでした。

その後あっという間に力をつけて、今やすっかり上位選手に。

 

しかし、この時は決勝戦で、同じドイツのベテラン選手のマイヤーに負けてしまいます。

んー、この流れは優勝するところだと思ったんですけどね。

 

そして、2017年。

またしても!

錦織選手、3年連続棄権

もうハレの大会、鬼門すぎます。

ちょうど疲れのピークがやってくる所なんでしょうか(T_T)。。。

 

まさか、一回戦がこのカードとは

そんなこんなで、今まで錦織選手との縁が薄かったので、今回の対戦相手が決まった時、

 

fujiko-cry

fujiko-cry

またか(>_<)!

 

と思ってしまいました。

 

fujiko

fujiko

これは、チケット購入していない日曜日に対戦する可能性がある...

しかもジョコビッチ相手では、一回戦とはいえ勝てる保証はない。。。

もしや、またもや、観戦できないのか・・・!

 

fujiko

fujiko

”今までの流れからいって、その可能性もなくはない・・・(=_=)”

 

と思って、日曜日のチケット購入を決心!

その後のあたふたはすでに述べた通り。。。

 

そんなこんなでやっと迎えた、”初錦織観戦デー”は結構思い入れがあります。

 

無事観戦できますように・・・

マドリードオープン観戦記⑤に続く

2018年5月7日(月) マドリードオープン ”錦織対ジョコビッチ”戦は本日16時以降に行われます。 (本日のこれまでの様子に...

 

 

実用ドイツ語教材

当ブログで一番人気の「ドイツ語会話で必要な文法はこれだけでいい!」を改良し、わかりやすくまとめました。

テキスト部分と学習ノートの2部にわけ、例文も盛りだくさんです。

最短で効率よく実用ドイツ語をマスターするために、ぜひお役立てください。

 

ドイツ語会話に最低限必要な4つの文法教えます ドイツ在住・留学、実用ドイツ語会話を今すぐ身に着けたい方へ

オプションで、テキストに関する質問、その他ドイツ生活に関する質問も受け付けています。

 

 

こちらのバージョンではテキストと一緒に一か月無料で質問を受け付けます。

最短最速で実用ドイツ語会話を学ぶために必要な文法はこれだけ

 

 

その他、ドイツ語やドイツ生活に関するご希望テキストがあればリクエストを受け付けます。

お気軽にメッセージをお寄せ下さい。

メッセージはこちらへ

ハイデルベルク大学修士卒業・ハンブルクの企業で代表を務め、社内ベンチャーで異業種起業をして繁盛店にする。

記事執筆・翻訳通訳・ドイツ語個人レッスン経験あり。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ドイツからスペインのマドリードへ 観光編②

ドイツからスペインのマドリードへ 観光編⑥

ハンブルクのジャーマンオープンテニス決勝戦に行ってきた!

ドイツライン川クルーズと古城めぐり個人旅①

ハンブルクからハイデルベルクへ・週末小旅行②

マドリードオープン観戦記①錦織圭・大坂なおみ・ナダル・ズベレブ兄弟